定期預金の満期までの期間は2週間~10年

いつでも出し入れできる普通預金とは違い、一定の期間を決めて預ける定期預金。満期までの預け入れ期間は、都市銀行や地方銀行では、短いものなら1ヶ月、長い場合は10年まで利用できます。

ゆうちょ銀行の定期貯金は、最短が1ヶ月、ほかに3ヶ月、6ヶ月、1年……などの期間があり最長は5年です。

新生銀行では、なんと2週間で満期が来る2週間満期預金も取扱っています。

定期預金は固定金利ですから、超低金利の現在、長期間の定期預金に預けてしまうと、低い金利でずっとお金を置いておくことになるので、期間は短めの方がいいですね。1年から長くても3年くらいをメドに考えた方がよさそうです。

そして、満期が来たときの取り扱いは、預け入れの時点で決めることになっています。取り扱い方法は2通り、自動解約と自動継続です。

満期で終わりにするのが自動解約。元金と利息(税引き後)の合計が普通預金に入金されて、定期預金は終了。

一方、同じ期間の定期預金に自動的に預けるのが自動継続です。手間要らずで定期預金をまた続けることができます。自動継続の場合、金利は継続日のものが適用になります。

インターネットで預けるネット定期の中には、ネットバンキングで満期時の取扱いを変更できるものもあります。例えば、自動継続にしていた定期預金を自動解約にする、逆に自動解約にしていた定期預金を自動継続にするなど。途中でお金のやりくりの予定が変わった場合に便利です。

総合口座を利用して定期預金を行っている人もいることでしょう。総合口座は、定期預金を担保として自動貸越ができる仕組のため、原則、定期預金は自動継続となっています。

定期預金を自動継続した場合、利息は?元金自動継続と元利自動継続の違い

定期預金を自動継続した場合、元金だけを自動継続し利息は普通預金に入金する方法「元金自動継続」と、元金と利息を合わせて定期預金として自動継続する方法「元利自動継続」の2つがあります。

銀行によって、どちらかを自分で選べる場合と、元利自動継続のみのところがあります。

お金を雪だるま式に増やして行きたいなら、元利自動継続がおすすめ。

余裕資金は、1年程度の定期預金にして、元利自動継続にしておけば、満期ごとに利子が元本に組み入れられる複利運用となり、今後、金利が上がった場合は、継続日の金利でまた定期預金に預入れることになりますから、手間をかけずに金利上昇の波に乗ることができます。さらにネットバンキングの契約をしておけば、お金を使いたくなったらネットで満期時の取り扱いを自動解約に変更することができて便利です。

【関連記事もチェック!】
押さえておきたい定期預金の基本
金利はネット定期の2~4倍!仕組預金のメリット
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。