“鉛筆”という名を持つ上質な筆記具

創業当初のジュネーブの本社。

創業当初のジュネーブの本社

精密な機械式時計が有名なスイスだが、その品質や職人魂はステーショナリーにも見て取れる。代表のひとつがカランダッシュの筆記具と言えるだろう。創業者はアーノルド・シュバイツァー。1915年創業のエクリドール鉛筆製造所を、創業者のアーノルド・シュバイツァーが、1924年に買収したことから歴史は始まった。ちなみに“カランダッシュ”はロシア語で“鉛筆”という意味であり、設立当時に活躍していたロシア生まれのフランス人風刺画家、エマニュエル・ポワレの雅号から取ったブランド名だ。

1929年に “自動給芯機能”を持つ世界初の完全金属製メカニカルペンシル「フィックスペンシル」を開発。これは、現在のノック式(チャック給芯式)シャープペンシルの原型でもあり、特許も取得している。また「フィックスペンシル」のボディは、ブランド名でもある“鉛筆”の普遍的デザインである六角軸。手にフィットして疲れにくいフォルムを高級筆記具に取り入れた最初のメーカーということで、定番コレクションの「エクリドール」や高級ラインの「ヘクサゴナル」、「バリアス」などにも取り入れられ、カランダッシュの象徴として浸透している。

次のページでは、ブランドの代表的モデルも紹介する。