富士フイルムのデジタルカメラ FinePix ― 高級路線で復活

FinePix F770EXR

FinePix F770EXRはコンパクトデジカメとしてはフラグシップではあるものの、Xシリーズはそれ以上の存在となっています。

FinePixシリーズは高倍率コンパクトのFシリーズ、スリムコンパクトのZシリーズ、30倍を超える高倍率ズームレンズを搭載したSシリーズ、防水のXPシリーズ、安価なJシリーズ、2眼3DデジカメのWシリーズと豊富なラインナップが揃っています。

そして、それらコンパクトデジタルカメラとは一線を画す形で、明るいレンズと大きなイメージセンサーを搭載した高級コンパクトのXシリーズが存在しています。

特にXシリーズは現在の富士フイルムのコンパクトデジタルカメラにおける背骨といってもいい機種で、ミラーレス一眼カメラ(富士フイルムは「ミラーレスではない」というアナウンスをしていますが)となるX-Pro1もここから派生しています。

なお、いまだに富士フイルムのデジタルカメラがxDピクチャーカードを使っていると考えているユーザーも存在しているようです。現行機種ではすべてSD/SDHC/SDXCカードを採用しています。一応、念のために。


ガイドおすすめの富士フイルムのデジタルカメラ

現行のラインナップからはFinePix F800EXRをおすすめとしてピックアップしておきたいと思います。赤外線通信とWi-Fiでスマートフォンへの画像転送に対応していることが大きなポイントとなります。また、画像転送だけではなくWi-Fi接続でデジカメ内の画像をタブレットやスマートフォンで見ることができるのもポイントといえるでしょう。

 

【関連サイト】
富士フイルム FinePix
高速赤外線対応携帯電話/スマートフォン一覧



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。