今回はこんな質問が届きました

Q.顔が大きいのが悩みです。マッサージもしていますが、そう簡単に小さくならないですよね(涙)。メイクで顔を小さく見せるにはどうしたらいいでしょうか?


A.ポイントは立体感。小顔かどうかは面積ではなく、顔の奥行き感が決めます

イメージ画像
その気持ち、わかります。私も顔の下5センチは短くしたいですから(笑)もちろん速攻劇的に顔を小さくしたりするのは無理ですが、メイクの錯覚効果を使えば可能ですよ。

ポイントになるのは立体感。顔は立体的なので、前に出ている部分と後ろに凹んでいる部分のメリハリをつけると、小顔に、しかも顔立ちもキレイに見えます。

やり方は大きくふたつ。ひとつはフェイスパウダーで輪郭を引き締める方法。肌色より2、3トーン暗めのフェイスパウダーを生え際やほほ骨のくぼみに沿ってぼかして輪郭を引き締めます。

顔の中心、Tゾーンや目の下の頬の三角ゾーン、アゴ先に1トーンには明るいハイライトを入れます。パウダーを使うことで、自然な明暗の立体感が出せます。

もうひとつは、眉山を意識して作る方法。眉山は、正面から見たとき“ここから外側が横顔”というターニングポイントになります。ここをハッキリさせると、顔の正面と、横が分かりやすくなり、奥行き感がでて小顔に見えるんですよ。

眉山の位置は、鏡を真正面にして見て、黒目の外側~目尻までの5ミリほどの幅なら、どこでもOKです。オススメは、丸顔の方なら眉山の位置を少し内側(黒目寄り)に。顔が細長い人は眉山の位置を少し外側(眉尻寄り)にすると顔型カバーにもなります。ふたつのテクニックを合わせワザで行なえばより効果的。試してみて下さいね。

山本浩未さんおすすめのアイテム

 

塗る場所がひとめでわかる機能的なアイブロウパウダー
「パレット通りに見たまま塗ればいいので便利。眉頭、眉山、眉尻など計算された色だしも優秀です」(山本さん)
ソフィーナ オーブ クチュールデザイニングアイブロウコンパクト:BR811/3360円(編集部調べ)/花王ソフィーナ



 
 

日本人の肌に溶け込む自然な引き締めカラー
「仕事でも出番が多いシェイディングパウダーです」(山本さん)肌から浮かずにほっそり小顔に見せてくれる。
M・A・C フェイスシャドー ミネラライズ スキンフィニッシュ ミディアムダーク7/2500円/M・A・C(メイクアップ アート コスメティックス)




 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。