春の結婚式シーズンとなり、招待状が届く頃となりましたね。今回はこの春オススメのお呼ばれドレス着こなしテクをご紹介いたします。

どんなお呼ばれ服を持っているの?

ゼクシィnetのユーザーアンケート「気になる、みんなの“結婚式およばれ服”事情!」(20~30代女性対象に実施・回答者数:248・複数回答)によると、2~3着は持っているという方が54%。なんと4着以上は26%。また1着のみが17%ですが、意外とレンタルドレスに頼らずに自前で用意されているのですね。そしてそのドレスのカラーは

1位:黒、2位:ピンク、3位:ベージュ、4位:青、5位:紫、6位:緑、7位:赤、8位:水色、9位:黄色、10位:オレンジ

となっています。1位の黒は「無難」であり、「引き締まって細く見える」からという理由で過半数の女性が選んだわけです。


華やかさをプラスすることが成功の秘訣

ドレス

ドレス 2万4150円、ジャケット 1万5750円 

1位の「黒」のよいところは、どんなに装飾品を派手にしてもシックさは失われないところなんです。しかし一歩間違えば、「喪服」に見られてしまい、お祝いのムードを壊してしまったら大変です。華やかさをプラスすることを忘れないでください。

たとえば鮮やかな色のコサージュやストール、ボレロに真っ赤なヒール、ラメ入りのバッグなど装飾品をゴージャスにされるとよいでしょう。黒に華やかなカラーをプラスすることが、成功の秘訣です。


それでは、春のおすすめコーディネートをご紹介しましょう >>