再開発エリアに歴史の街、
表情の異なる駅が並ぶ横須賀線沿線

武蔵小杉

かつては工場の立ち並んでいたエリアに高層中心のマンションが急増、大きく変化した武蔵小杉

東京、新橋、品川までは東海道線と並走する横須賀線ですが、そこから横浜までの西大井、武蔵小杉(川崎市中原区)、新川崎(川崎市幸区)は横須賀線のみが通る駅。といっても、武蔵小杉は東急東横線、南武線が乗り入れており、新川崎もすぐ近くに南武線鹿島田駅があるため、足回りの利便性は高く、いずれの街も大規模な再開発で知られています。



横須賀線では横浜の先、東戸塚(横浜市戸塚区)も時代は古くなりますが、再開発で生まれた街。この街を象徴する東口の大型複合商業施設オーロラシティを中心にマンションが作られ、現在は西口でも住宅開発が進行中。人口も増え続けています。


鎌倉の寺社

鎌倉には寺社が多く、独特の雰囲気。ただし、駅周辺はいつも混雑、通勤時にダッシュというのも難しい

こうした新しい街がある一方で大船から東海道線と分岐したところには北鎌倉、鎌倉(以上2駅鎌倉市)と、日本を代表する古都もあります。緑の濃い、山と海が隣り合うこの街には寺社や老舗、風情のある民家の織りなす独特の風情があり、どうしてもこの街に住みたいという人も。ただし、駅周辺を別とすると、さほどに便利な場所ではなく、景観を守るための規制も多々あります。美意識のある人でないと、面倒くさいと思うこともあるはずです。


衣笠の商店街

衣笠の商店街。中心部には大型店、各駅周辺にこじんまりした商店街という街が多い

鎌倉以遠、横須賀線は三浦半島の付け根を横断する形で逗子、東逗子(以上2駅逗子市)、田浦、横須賀を通り、衣笠、久里浜(以上4駅横須賀市)へ。このあたりも海と山が近く、高台には海が臨める住宅街も。ただし、価格はもちろん高め。時間的にも余裕がある人でないと、住めない場所かもしれません。





長い時間をかけて開発されてきた沿線だけに、さまざまな表情の街のある神奈川エリアの3路線。車窓から眺めているだけでも変化が分かりますから、各路線に乗車、まずは雰囲気をチェックしてみてはいかがでしょう。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。