新ファインダーでさまざまな撮り方が可能

ボディ全面のレトロなレバーが、EVF←→OVFの切り替えレバー

ボディ全面のレトロなレバーが、EVF←→OVFの切り替えレバー

レトロ調な外見とは異なり、FinePix X100は先進的な機能も取り入れている。その最たるものがハイブリッドビューファインダーだ。

光学ファインダー(OVF)と電子ファインダー(EVF)を切り替えることができる。クリアでシャッターチャンスに強いOVFと、実際のボケ味や設定などを見ながら撮影できるEVFの両方を搭載しており、使用用途により使い分けることが可能だ。また、ボディ前部のレバーで即座に変更できるので、EVFでボケ味や露出を確認しつつ、OVFで撮影というような使い方も可能となる。この切り替えは本当に便利な機能だ。

 

絞り、シャッタースピードが即座に変更可能

このようなシーンでは絞りリングでF値を大きくすることで即座に対応可能(画像クリックで実写画像表示)

このようなシーンでは絞りリングでF値を大きくすることで即座に対応可能(画像クリックで実写画像表示)

多くのエントリー向けデジタル一眼レフと異なり、絞り・シャッタースピード・露出補正にそれぞれ専用のリング・ダイヤルが設けられている。これは「撮れる人」にとって、非常にありがたい機能といえる。

例えば逆光で明るくなりすぎるので光量を下げたい場合、動きがあるものならシャッター速度は変えずに絞りで対応したいし、ボケ味を優先したい場合はシャッター速度を上げることで対応したい。それが即座に変更できるというわけだ。

 

F2.0の明るいレンズでボケ味もデジ一眼クラス

ややレトロな気もするが、レンズ周りの質感は非常に高品位

ややレトロな気もするが、レンズ周りの質感は非常に高品位

FinePix X100は35ミリ相当のF2.0の明るいレンズを搭載。レンズを交換することはできないが、開放のF2.0でも解像度が下がりすぎない優れた特性を持ったレンズで、大型の撮像素子と合わせて、充分にボケ味を楽しむことのできるレベルになっている。

実際のボケ味や解像度は実写画像を見ていただきたいのだが、レンズキット同梱のズームレンズを搭載したエントリークラスのデジタル一眼カメラでは、太刀打ちのできないレベルであるといえるだろう。