コニカミノルタ、カメラ事業から撤退!

つい先日の2006年のデジカメ動向予測で『撤退、もしくは部門売却がある』と予想したのだが、その両方ともが早々に的中してしまった。
1月19日、コニカミノルタはカメラ事業からの撤退を発表した(プレスリリース)。今年の3月をもってすべてのカメラフォト事業から撤退する。
デジタルカメラはもちろん、フィルム・ミニラボといった写真関連事業からも完全に撤退となる。

本体にCCDシフトを搭載するαデジタルシリーズには競争力があると思われたが……。

一時期はデジタル一眼レフに注力していくのではないかとも言われていたが、αシステムを含めての完全徹底となった。

デジタル転換への一里塚か……

世界初のカラーフィルムメーカーであり、世界初のオートフォーカスカメラ・ジャスピンコニカを開発した小西六(旧コニカ)、そして世界初のオートフォーカス搭載一眼レフ・α-7000を開発した旧ミノルタ、それらの合併企業がカメラ業界から姿を消すことになる。
後世から見たときにアナログからデジタルへの転換期に起きた、象徴的な出来事となるだろう。

しかし、筆者にはこの撤退、必然的に起きたとも思えるのだ。
Page2へ)