家事は大きく社会とつながっている

社会とつながっているからこそ

一人一人のプライベートなこと、と思われていた家事は、社会と深く強くつながっているのです

今回、首都圏を中心に大幅な電力供給の制限が出たことで、私たちは「家事は大きく社会とつながっている」ということを思い知ることとなりました。これからは、ライフスタイルの大きな見直しや、昔ながらの暮らしの知恵への揺り戻しも起こってくるはずです。

でも、忘れないでいたいのは、電気は私たちの生活を便利にしてきたと同時に、家庭の仕事に多くしばりつけられてきた女性たちを解放してきた、ということ。だから暮らしの手間をいたずらに増やす形での、スタイルの見直しはなるべく避けたいと私は思っています。

手間を楽しめるゆとりと同時に、やむを得ない手間は家族やパートナーとシェアしていく発想が根底を持つ。ただ「使わない」「持たない」のではなく、正しい情報を知って、賢く使う方法を考えていく。

そして、個人の工夫だけでなく、基本は社会のシステムとして考えられなくてはいけないことだと、ここ10年、家事の仕事をしてきた私としては強く感じています。家事は大きく社会とつながっているからこそ、仕組みを変えないまま、個々の工夫を繰り返しても限界があると思うからです。

明日に向けて新しいライフスタイルをまた探していけるように。これからもさまざまなことを追いかけながら、アイデアを発信していきたいと思います!

【関連リンク】
節電家事アイデア



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。