Macで省エネを心がけるには?

地球温暖化やガソリン価格高騰、災害時の電力供給低下など、いざというときにはできるだけエネルギーを使わないようにしたいものです。Macならばほぼ全製品が「ENERGY STAR 5.0 ~ 5.2」に準拠しているため、普段通り使っても環境に優しい仕様なのですが、ここではさらにエコを目指す方法を紹介します。

なお、操作説明にはMac OS X 10.6.6 Snow Leopardを使用しています。Mac OS X10.5以降であればほとんど操作方法は変わっていないので、旧バージョンのMac OS Xユーザーのかたも参考にしてください。


省エネルギー設定を見直す

Macでできるだけ電力を消費しないようにするには、その名の通り「省エネルギー」設定を見直します。「省エネルギー」設定を開くには、アップルメニュー > システム環境設定… > 省エネルギー の順にクリックします。

iMacの設定画面。「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」などの設定は初期設定が最も省エネになります

iMacの設定画面。「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」などの設定は初期設定が最も省エネになります


ここで「コンピュータのスリープ」「ディスプレイのスリープ」をより短めに設定することで、使っていないときの待機電力を抑えることができます。特にディスプレイは消費電力が大きいので、短めに設定しておきましょう

なお、 MacBook Proなどのノートブックモデルでは、バッテリー使用時と電源アダプタに接続されてい場合で、設定を使い分けることができます。

「バッテリー」の設定画面。「この電源を使用するときはディスプレイを少し暗くする」という設定が特徴です

「バッテリー」の設定画面。「この電源を使用するときはディスプレイを少し暗くする」という設定が特徴です


「電源アダプタ」の設定画面。「この電源を使用するときはディスプレイを少し暗くする」という設定は無く、代わりに「ネットワークアクセスによってスリープを解除」という設定画面があります

「電源アダプタ」の設定画面。「この電源を使用するときはディスプレイを少し暗くする」という設定は無く、代わりに「ネットワークアクセスによってスリープを解除」という設定画面があります



次ページ>ディスプレイの輝度を落としましょう。