ディスプレイの輝度を落とす

次に見直すべきポイントは“ディスプレイの明るさ(輝度)”です。輝度を控えめにすることで、ディスプレイの消費電力を抑えることができます。アップルメニュー > システム環境設定… > ディスプレイをクリックし「輝度」のスライダーを左側にドラッグして設定を変更してください。

MacBook Proならば、環境光に合わせて自動的に輝度を調整してくれますが、より消費電力を抑えるにはスライダーを左側に移動します

MacBook Proならば、環境光に合わせて自動的に輝度を調整してくれますが、より消費電力を抑えるにはスライダーを左側に移動します



なお、iMacなどのデスクトップモデルでは、この輝度を一番左に移動しても、それほど暗くなりません。もっと輝度を下げたい場合は、Shadesというソフトウェアを使いましょう。ダウンロードはこちらから。


「Shades」でディスプレイの輝度をさらに下げる

1. Shadesはシステム環境設定のモジュールとして提供されています。ダブルクリックしてインストールしてください
複数のユーザーでMacを使っているときは「このコンピュータのすべての~」を選ぶと、一度にインストールできます

複数のユーザーでMacを使っているときは「このコンピュータのすべての~」を選ぶと、一度にインストールできます


2. Shadesの設定画面が表示されたら右上の「Start」をクリックします。
「Start」をクリックした直後に確認ダイアログが表示されたら「開く」をクリック

「Start」をクリックした直後に確認ダイアログが表示されたら「開く」をクリック



3. メニューバーにサングラスのアイコンが表示されるので、そこをクリックするとスライダーが表示されるので、そこで輝度を調整しましょう
下げすぎると画面が真っ暗になって再設定が難しくなるので注意しましょう

下げすぎると画面が真っ暗になって再設定が難しくなるので注意しましょう


左上に別のスライダーコントロールが表示されますが、邪魔であればShades の設定画面で、Slider control : None とすることで表示されなくなります

この画面が出てこない場合は、一度システム環境設定を開き直してください。※設定画面のタイトルはMacの機種によって異なります

この画面が出てこない場合は、一度システム環境設定を開き直してください。※設定画面のタイトルはMacの機種によって異なります


次ページ>使っていないデバイスの設定はオフにしましょう