飲み会でNGの話題とは?

イメージダウンになる話題は避ける

イメージダウンになるような話題にはくれぐれも気をつけたい

■ネガティブワード
悪口やグチは言わないのが鉄則です。会社の飲み会で人の悪口や仕事へのグチをいう人はいないと思いますが、見落としがちなのが会場や料理などに対するちょっとした悪口。

大した内容ではないのに「あの人はネガティブなことを言う人」という印象が残ってしまうこともあるので気をつけてください。

■仕事上の不満
普段より長く上司と話す機会がある飲み会。仕事上の不満を伝えたくなることもあるかもしれませんが、お酒の力を借りるのは考えものです。繊細な話題はしっかり構成を考え、言葉を選んでから別の機会に話しましょう。

■自分のイメージを下げる話題

お酒での武勇伝や失敗談はおもしろいものですが、「こいつはだらしない所があるかも知れない」といったように、イメージや評価が下がってしまうことがあります。酔っていると話題選びが甘くなるので、シラフの時に一度話題を整理しておくのもいいかも知れません。

仕事がらみの飲み会は、普段の飲み会とは違います。まわりからの評価を下げることのないよう、話題選びには注意したいものです。

「無礼講」と言われても無礼をしてはいけない

「無礼講」という言葉を辞書で調べると、地位や立場を気にしない宴会と書かれています。とはいえ、実際に立場を気にせず楽しく飲んだ結果、後でひどいめにあったというケースもあります。

無礼講という言葉は、辞書通りの意味ではなく「上司にお酒を注ぎながらプライベートな会話もする飲み会」と理解するのが良さそうです。「今日は無礼講だから」と言われても、挨拶の一種と考え、礼節を忘れない程度に楽しむのが大人のマナーです。

飲み会をチャンスに変える

飲み会でさりげないアピールを

飲み会はさりげないアピールが出来る場でもある

最近では、「会社の飲み会に参加するのがイヤ」だという人が増えているそうです。

確かに飲み会はプライベートの時間をとられますし、気をつけなければならない点も少なくありません。

しかし、飲み会はコミュニケーションを深めたり、普段はできないアピールする絶好のチャンスでもあります。

語学を勉強しているとか、ボランティアに取り組んでいるなど、仕事以外に頑張っていることがあればぜひ話題にしてみてください。

ネガティブな話題でイメージや評価が下がってしまうこともある反面、飲み会のちょっとした話題でイメージがアップしたり、評価に繋がることも少なくありません。

スポーツに取り組んでいる人なら「やり抜く力がある」とアピールできるでしょうし、趣味なども「集中力がある」というアピールにつながるかも知れません。

子煩悩、恐妻家など、プライベートを話すのもいいでしょう。心理学でも、普段見せない一面を見せると、親近感を持たれやすくなると言われています。

上司や同僚への感謝や尊敬しているところなどを話すのもオススメです。職場だとお世辞のようにとられてしまうことも、お酒を飲んだ席でさりげなく話題にするのならむしろ好印象になります。

せっかくの機会ですのでマナーを守りつつ、楽しく前向きに活かしてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。