サイズ

カーテンを選ぶときに、特に失敗しがちなのがサイズです。せっかく買ったカーテンが寸足らずだったり、引きずるように長かったりしては残念。部屋を下見する段階で、カーテンレールの幅と高さをきちんと測っておきましょう。

幅は、カーテンレールの長さに3~5%のゆとりを持たせて、注文をします(例:レールの長さ200cm×1.05=210cm)。

丈は、掃き出し窓(床まである窓)の場合、ランナー(カーテンを引っかける金具)の下から床まで測り、ドレープカーテンは1~2cm短く、レースカーテンはさらに1cm短くします(例:ドレープ・高さ185cm-1cm=184cm/レース・高さ184cm-1センチ=183cm)。また、腰窓(床までない窓)の場合は、ランナーから窓枠まで測り、ドレープは10~15cm長くし、レースはそこから1~2cm短くします(例:ドレープ・高さ100cm+10cm=110cm/レース・高さ110cm-1cm=109cm)。
カーテンサイズ

カーテンサイズの測り方

すでにサイズが決まった既製品を購入する場合も、この採寸の仕方を目安に設置できるかどうかを検討すると、失敗なく購入できます。

※ 一般的なカーテンの採寸方法ですが、依頼した業者の指示があれば、その指定に従ってください。

正面付・天井付

天井付・正面付

天井付・正面付

カーテンレールによってカーテンの取り付け方が違い、カーテンの上部がレールを覆う場合は『正面付』、レールの下になる場合は『天井付』となり、カーテンの長さが変わってきます。

既製品のカーテンでは、付属のフックをアジャスターで調整することで、正面付・天井付と変えられる場合もありますが、カーテンの長さが数cm上下します。採寸の際に考慮する必要があります。

両開き・片開き

カーテンは真ん中から左右に分かれる両開きが一般的。細い窓や一方からしか開けにくい場所などでは、片開きもおすすめです。

次は、カーテンの色や柄の選び方、機能について、お届けします>>