中庭で向き合う2つの部屋

 

写真をクリックすると最初の写真に戻ります
2階
1. 鉄製の螺旋階段。規則的に空けられた小さな穴が個性的。
2. 書斎から中庭を見る。手摺りは物干しを兼ねる。
3. 渡り廊下の床面はエキスパンドメタル。
4. 造り付けのテーブルと棚はシナランバー製。写真:設計工房
5. 構造壁の向かいにはSさん愛用のギターが並ぶ。
6. シナベニアで囲われたコージーな寝室。上のシナランバーの棚はロープで吊っている。


黒い螺旋階段で2階に上がると、中庭を挟んで2つの部屋が向かい合っています。奥に深い部屋は1階と対称的に東側に構造壁があり、その間はクローゼットになっています。さらにその先は奥行き2.4mのコージーな寝室。畳を敷けば茶室としても使えそうな空間です。中庭のエキスパンドメタルの渡り廊下の先には、机と本棚が造り付けになったコンパクトな書斎が待っていました。
土地は約950万円、建築費は約1,250万円、トータル2,000万円前半で完成したSさんの夢の家「モグラハウス」。ここは超ローコストながらも、一人暮らしのための必要条件を全て満たした「模範的狭小住宅」でした。

◆建築データと建築家プロフィール


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。