1階の明るいトンネル


写真をクリックすると次の写真に進みます
1階
1. 玄関ホールを兼ねたダイニング。打合せ室としても使われている。
2. 1階の主室。床は墨入りのモルタル仕上げ。
3. キッチンの前で談笑する、建て主のSさん(右)と設計を担当した久保宗一さん。
4. 構造壁に挟まれたミニキッチン。グレーの内壁はセメント板張り。写真:設計工房


玄関ドアの隣はブレースが現しになったガラスの壁です。フィルムを貼って視線を遮りつつ、外の光をふんだんに取り込んでいます。さらに奥の螺旋階段の背後からも、明るい光が室内を明るく照らしています。室内の幅は1.67mしかありませんが、天井高は2.7m、玄関から中庭までが8mと深いのです。部屋の中央には90cm間隔で5枚の構造壁が立っていて、その間はミニキッチンと収納とパソコンデスクになっています。黒い外壁とは対照的に、内部は構造の集成材やシナベニアで囲われて、とても暖かい雰囲気に満ちています。

◆建築データと建築家プロフィール