お店の側から見てみると、よりはっきりと分かる

Xbox 360の売り場の図

北米では、Xbox 360の存在感が大きく、PS3はリードを許しています。

今お話したの2点について、ユーザーの側から見るより、ゲームのお店の側からみるとSCEの発信したメッセージがより強く伝わります。

話は簡単で、アンチャーテッドのデモを見て、これはアンチャーテッドみたいなゲームがNGPでは流行ってハードを伸ばしそうだ、と思う日本のゲーム流通関係者がどれくらいいそうか、ということですね。しかし、そういうものを、SCEは最初のデモンストレーションに選んでいるんです。

また、UMDの扱いに説明がないことに関して、あまりよく思わないお店の方もいるでしょう。お店にとって、PSPの在庫をどういう形で消化しながらNGPへの移行を進めるのかというのは、とても重要な問題ですから。しかも、モンハンP3のダウンロード版のアナウンスとセットなんですから、なおさらです。

SCEのお客さんというのは、最終ユーザーはゲームをする人ですが、直接の顧客は問屋であり、お店ですから、このメッセージの発信の仕方は、日本の営業的にはかなり思い切っているとも言えます。

逆に言えば、それでも伝えるべきことがあったということです。北米の市場を考えてみると、より意図が分かりやすくなります。北米では、PS3はXbox 360に押され気味です。そして、マイクロソフトは携帯ゲーム機を持っていません。そこにこの、NGPのデモンストレーションです。高解像度、高性能で、アナログスティックも2つついて、アンチャーテッドのようなゲームが快適に遊べますよ、と。その際には、今までのPSP市場をどう引き継ぐかという説明は、あまり重要ではないかもしれませんね。

コールオブデューティーで宣戦布告

コールオブデューティの図

コールオブデューティのあの白熱したオンライン対戦が、据え置き並みのクオリティのまま、いつでもどこでも遊ぶことができたら、それはちょっとすごいかもしれません。(イラスト 橋本モチチ)

もちろん冒頭でお話したとおり、日本のユーザーをおろそかにして、ということではありません。モンスターハンターシリーズ、メタルギアソリッドシリーズ、龍が如くシリーズと、押さえるところは押させえて、アピールしています。

おそらく、メディアを通して情報が広く流れる段階になると、日本では日本で売れるタイトルがクローズアップして語られる機会が自然と多くなるでしょうから、うまくバランスがとられるでしょう。

ただやっぱり、海外を強く意識する姿勢が見受けられたのは確かです。PSPはニンテンドーDSに後れを取りながらも、日本ではモンスターハンターシリーズが牽引し、市場を盛り上げてきました。しかし、課題は常に海外におけるキラーコンテンツです。NGPになって、性能があがれば、開発費の高騰も予想されます。それは、海外市場獲得の重要度をさらに高く押し上げます。

発表会の最後には、海外におけるFPSのビッグコンテンツ、コールオブデューティシリーズのNGP版が発表されました。映像はなく、ステージのスクリーンにはタイトルロゴだけ。ただし、ソフトを発売しますよ、という正式なリリースの発表です。他のサードパーティーのプレゼンテーションは、実機を使った技術的なデモンストレーションの意味合いが強いものでしたが、これは完全にマーケティング的なアピールなんですね。NGPは海外市場を狙っています、という宣言そのものです。

アンチャーテッドではじまり、コールオブデューティで締められたPSミーティング。SCEの海外を狙う意気込みが、強く表れた発表会でした。

【関連記事】
携帯ゲーム機にジャイロがつくとどうなるか(AllAboutゲーム業界ニュース)

DS×PSP 携帯機戦争はハッピーエンド?(AllAboutゲーム業界ニュース)
PSP goが抱える不安と未来への布石(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連ページ】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。