学年が上がるほど塾代も上がる

学年が上がると塾代も上がる

学年が上がると塾代も上がる

中学受験塾へ通うことを考える時、塾の評判はもちろんですが、親としては塾代も気になるところですよね。

ホームページで月謝を公開している塾も多いので、いくつかの塾を比較して、だいたいのイメージをつかんでおくことをお勧めします。

塾代を比較をするときには、塾によってお月謝以外にかかる費用の取り扱いが違うことに気をつけましょう。テキストなどの教材費、冷暖房などの設備費、テスト代などが年に1‐2回、授業料とは別にかかるところもあります。こうした費用もお月謝に上乗せして、同じ条件で比較してみるといいでしょう。

このほかに大きな出費としては、春期講習、夏期講習、冬期講習などの講習代がかかります。授業時間数が多かったり、合宿形式をとっていたりすると、十数万円がまとまって出ていくこともあります。

一般的に、進学塾では学年が上がるにつれて授業時間数が増えていき、それと連動して塾のお月謝もどんどん上がっていきます。入る時だけでなく、6年生になったらいくらかかるのかもあらかじめ確認しておくようにしましょう。
 

ズバリ、中学受験塾のお値段は?

以前、ある大手中学進学塾にかかる費用を計算してみたところ、小4で約40万円、小5で約60万円、小6で約100万円でした。この塾では4年生から3年間で約200万円がかかることになります。

この計算には標準のお月謝と教材費、夏季講習代などをすべて含んでいますが、成績や志望校別で受講を勧められるオプション授業などは含んでいません。どこの塾に、何年生から通うのか、どんな学校への進学を望むのかによってもずいぶん変わってきますが、私立中学受験塾には200-300万円がかかると覚悟しておきましょう。
 

私立中学から10年間教育費のピークが続く

長い塾通いが終わって無事に合格できたらほっと一息、といきたいところですが、親の正念場はまだまだ続きます。なぜなら、本当の教育費のピークは、ここから始まるからです。

文部科学省の子どもの学習費調査(平成20年度)によると、私立中学の進学でかかる教育費は年間123万円、私立高校の進学でかかる教育費は年間98万円となっています。

中学校3年間、高校3年間、大学4年間をずっと私立に進学する場合、教育費のピークが10年間も続くことを意味します。10年間でかかる教育費は、総額で1000万円を超えてきますから、それなりの覚悟が必要ですね。

つまり、私立中学の受験を志してからは、教育費の貯め時はありません。中学受験の可能性があるのなら、お子さんが小さいうちからお金を貯めておく、収入アップを目指して共働き準備を始めるなど、早めに心づもりをしておきましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。