任意保険に入っていない車は
二重、三重の不幸をもたらします 

交通事故はどんなものでも御免ですが、保険に入っていない車にぶつけられたら本当に悲惨です

交通事故はどんなものでも御免ですが、保険に入っていない車にぶつけられたら本当に悲惨です

「自賠責に入っているから大丈夫」と思われる方もいるかもしれません。しかし、自賠責保険でまかなえるのは…
死亡時3000万円
後遺障害4000万円
傷害120万円
…がそれぞれの上限となります。保険金は高額化しており、自賠責保険を軽く超えるケースが多くあります。

加入率ワースト1位となった沖縄県でも対人賠償の損害額が1億円を超える事故が発生しています。保険金は高額化の傾向にあり、当然ながら地域の差もありません。「払えないからすいません」というのは通用しないので、やはり任意保険の加入は必須でしょう。

事故で被害者になったら、
自分の任意保険が使える場合も!
 

契約車両に搭乗中はもちろん、歩行中でも交通事故の被害にあった場合、自分の任意保険で損害分がまかなえる可能性があります。人身傷害補償搭乗者傷害無保険車傷害といった保険がそれらに該当します。事故で被害にあったら、自分が契約している保険会社に相談してみましょう。
なお、「加害者になっても相手の保険が使えるなら大丈夫」とはなりません。先々、被害者が契約している保険会社から請求が回ってきます。もちろん尋常な金額ではありませんので、しっかり任意保険に加入してケアしておきたいですね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。