TOP > カラシン > テトラの仲間 > ゴールデンテトラ

ゴールデンテトラ
画像提供:オオツカ熱帯魚

ゴールデンテトラ

学 名:Hemigrammus armstrongi
通称名
英 名
分 布:ギアナ、コロンビア
サイズ:3~4cm
Temp :24-28℃
pH  :弱酸性~中性


ゴールデンテトラの名で流通する魚には複数種が存在し、なかでも「ロードウェイ」「アームストロンギィ」の2種が有名である。つまりゴールデンテトラとは特定の種を指す名称ではなく、このような色彩を持つ小型テトラ類の総称になる。写真の種は「アームストロンギィ」とされているが、H.armstrongiはH.rodwayiのシノニムとする情報もあり詳細は定かではない。その他にも、他の魚に混じって同様の色彩を持つ不明種が数多く輸入され、一部のマニアに珍重されている。

写真のように、体を覆う金属光沢からゴールデン(プラチナ●●とも)の名で呼ばれ、このような色彩はバクテリアの寄生によるものだと言われ、先天的なものではなく後天的な性質だそうだ。この金属光沢は、水槽内で飼育しているとやがて薄れてしまうことがある。メッキがはがれた様に、本来の青味がかったラインの走る、シンプルな体色へと変化するケースが多い。

この手の仲間としては流通量は多く、価格もこなれている。飼育は容易で一般的なテトラ類と同様で良く、人工飼料で問題なく飼うことができる。やがて金属光沢はなくなってしまうことが多いが、一時的とはいえ水槽内の良いアクセントになるのでは!と思う。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。