TOP > シクリッド > アフリカ河川産シクリッド > レッド・ジュエルシクリッド

レッド・ジュエルシクリッド
画像提供:オオツカ熱帯魚

レッド・ジュエルシクリッド

学 名:Hemichromis lifalili(Loiselle, 1979)
通称名
英 名
分 布:西アフリカ
サイズ:12cm
Temp
 :22-24℃
pH  
:6.5-7.5


赤い宝石の名の通り、赤を基調とし地肌にブルーのスポットが全身に散りばめられた非常に美しいシクリッド。本種は、雌も雄同様の色彩で観賞価値が高い。石や流木を組み合わせ、それらにアヌビアスをあしらったレイアウトに良く映える。

餌は何でも良く食べ、クランブル状の人口飼料や冷凍赤虫、小ぶりなメダカ等を与えるとよい。特にディスカス用の赤系の色揚げ効果の高い飼料を与えると、素晴らしい発色となる。

水質への適応範囲は可也高く、また水質の悪化や急変にも相当強い。非常に魅力的なシクリッドだが、如何せん性格の荒さはシクリッドの中でも随一。基本的には、単独飼育しかできない。特に繁殖期のそれは凄まじいものがあり、余程広い水槽でないとペア以外との飼育は難しい。東南アジアでの養殖個体が流通するが、その性格から取り扱うショップはそれ程多くない。

繁殖はいたって容易で、複数匹飼育していれば簡単にペアになり石や流木等の上に産卵。雌雄ともに卵、稚魚を献身的に世話する。稚魚は遊泳開始後からブラインシュリンプを食べ、親同様に相当丈夫。

余り見かけることは無いが、本種の他にもレッド・ジュエルシクリッドと呼ばれるへミクロミス属の魚は複数匹おり、模様や体型が多少ことなる。




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。