年が明けるとお正月に成人式と着物を着る機会が増えるシーズンです。指先もいつもとはちょっと違うコーディネートにチャレンジしてみては?和風テイストを取り入れたネイルデザインなら着物との相性も抜群です。

ホワイト×レッドがシックなジャパニーズカラー

着物に良く使われている深紅を、セパレートで大胆に取り入れたジャパニーズカラーネイルです。
センターのストーンがアクセント

センターのストーンがアクセント

■ハンド
ベースカラーは赤い着物に似合うホワイト×ディープレッドの組み合わせです。2トーンのセパレートデザインで、その色の差を強調。センターには赤となじみの良いゴールドでラインを引き、より和のテイストを感じさせます。ライン上にストーンやリングで和柄をイメージしたモチーフをオン。

■フット
もう1つのジャパニーズカラーの代表格、紫を同系色のグラデーションでまとめます。刺し色にゴールドを使い、艶やかな着物の様な配色に仕上げます。


着物×プッチ柄が新鮮!モダンアートネイル

ドレスの印象が強いプッチ柄も色を控えめにすれば、レトロな着物にピッタリのデザインに。
多色使いのプッチ柄が華やか

多色使いのプッチ柄が華やか

■ハンド
全体を彩度低めのくすんだトーンで統一してシックなデザインに。ピンク、パープル、イエロー、グレーベージュでプッチ柄を描き、シルバーで細いラインを引いて印象を引き締めます。ホワイトの部分を多めに残すとよりシックな印象に。アクセントで小さなゴールドのブリオンをラインに飾ります。

■フット
ハンドと同じグレーベージュをベースカラーに品良くまとめます。桔梗をイメージした白いお花のモチーフは着物の柄のように指先を彩ります。