☆モンブラン ステラマリス風
モンブラン ステラマリス風

モンブラン ステラマリス風

アヴァン・デセールは「モンブラン」のステラマリス風。これは再構築系というか、基本をブラッシュアップした一品で、下からスポンジ・クリーム、マロンクリーム、メレンゲ、バニラアイス(上からカカオパウダー)というパフェのような構成。洋酒も効いており、オトナのモンブランといった感じです。


☆黒トリュフのスフレ 白トリュフのグラスを添えて
黒トリュフのスフレ 白トリュフのグラスを添えて

黒トリュフのスフレ 白トリュフのグラスを添えて

パティシエさんのスペシャリテの一つ「トリュフのスフレ」。テーブルに運ばれてきたときから部屋に拡がるトリュフ香が、このスフレに詰まっているトリュフの濃密さを物語っているかのよう。

雲のような優しいふんわり食感のスフレのクオリティの高さだけでも素晴らしいのですが、もう抑えることが出来ないほどのトリュフの大群が味覚と嗅覚を一気に支配していくのです!

官能的に誘う香りというよりも、問答無用で押し倒されるかのような激しい香りと、スフレの甘美なテイストには、文句なしにやられましたね。もう完全に好きにして状態。悩殺レベルの美味世界です。

正直、トリュフの大盤振る舞いは(良い意味で)反則とは思うものの、ここまで効果的に使われているのなら大歓迎! いつまでもこのスフレの甘さに浸っていたい。そんな気分にさせてくれる極上の一皿でした。
白トリュフ

まさに、白トリュフ爆弾

そして、この「白トリュフ」を濃厚に使ったグラス(アイスクリーム)がサプライズ!
口に入れた瞬間に鼻腔を突き抜ける勢いで放たれる、白トリュフの爆裂香は、一言で例えれば、まさに「白トリュフ爆弾」。白トリュフをそのまま食すよりも、凄まじい香り強さを兼ね備えていましたね。たぶんこのインパクトは一生忘れられません。間違いなく、世界一のグラス。キング オブ グラスです。
コーヒーと小菓子

コーヒーと小菓子

今回、ジビエ特集の後編で御紹介したのは2種類ですが、ジビエは他にもまだまだあります! あまりジビエを食べたことがない人も、ジビエ大好きな人も、せっかくジビエの季節ですから、たまには珍しいジビエ料理を食べに行きましょう!

尚、今回のジビエ料理を作ってくださった「オテル ド ヨシノ」では、他にも多彩なジビエ料理が用意されています。特に一月は黒トリュフが一層美味しくなる時期ですので、是非とも黒トリュフを使った料理(特にトゥルヌド ア ラ ロッシーニ)を予約リクエストしてみてください!

「リエーブル・ア・ラ・ロワイヤル」は、入荷状況によっては食べられないかもしれませんが、世界が認めたステラマリス版リエーブル・ア・ラ・ロワイヤルが食べられるのは、日本ではここ一軒だけですので、フランス料理を愛する人達には是非とも食べていただきたいですね。


<DATA>
・店名: hotel de yoshino(オテル ド ヨシノ)
・所在地:和歌山県和歌山市手平2-1-2 和歌山ビック愛12F
・アクセス:JR「和歌山駅」から車で約10分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:073-422-0001
・営業時間:11:30~14:00(LO)、17:30~21:00(LO)
・定休日:月・第2火曜日

ジビエ特集 第一弾はコチラ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。