収納家具は実用性重視で選んでしまいやすく、何処に置いたら気持ちよく過ごせる? というメンタルな要素をつい忘れがち。家で過ごす時間を大切にするS家の住まい方から、IKEA収納を使ったお片づけのヒントをもらいましょう。


モノの居場所があるから過ごしやすい

家族が一緒に過ごす場所では、様々なモノが室内に散らばってしまいやすいのですが、来客の多いS家の場合は、モノの居場所がきちんと定まっています。その居場所づくりに役立っているのが、いくつもの小引き出しがついた収納家具です。キッチン&ファミリーダイニングとリビングとをつなぐ一角に置かれたその家具には、薬やアロマオイル、充電池などが収められています。
イケア収納・PSシリーズ

インテリアに溶け込んでいるIKEA PS SINKA(キャビネット引き出し付き)


部屋で過ごしている時に、チョット必要になったらすぐに取り出せる手軽さが片づけやすさの秘訣。引き出しのサイズが何通りかあるので、収めるモノに合わせて使い分けのできるところが、この家具の特徴です。そして収納家具を選ぶ際には、脚付きのものがお薦め。床面がつながって見えるため、家具が置いてあっても部屋が広く感じられます。

さらに、意外な所で収納が使われています。