文字をクリスマスカラーで変化させる

「タイピングカラー」のアニメーションを設定するだけでも、文字が1文字ずつ色を変えながら順番に表示されるアニメーションは完成ですが、変化する色はPowerPointが自動的に設定した色です。ここでは、クリスマスシーズンに合わせて、文字の色が「赤」から「緑に」に変化するように改良します。

作業ウィンドウの1つめのアニメーション右側の▼ボタンをクリックし、メニューから「効果のオプション」をクリックします。
「効果のオプション」を使うと、アニメーションの詳細を変更できる

「効果のオプション」を使うと、アニメーションの詳細を変更できる

「タイピングカラー」ダイアログボックスが表示されたら、「効果」タブの「最初の色」を「赤」、「次の色」を「緑」に変更して「OK」ボタンをクリックします。それぞれの色の右側にある▼ボタンをクリックして色を選ぶわけですが、一覧に目的の色が表示されていないときは、「その他の色」をクリックして表示されるカラーパレットから色を選びます。
スライドの背景に映える色を選ぶと効果的だ

スライドの背景に映える色を選ぶと効果的だ

アニメーションの最終確認はスライドショーで

これでアニメーションの設定は完了です。作業ウィンドウ下部の「スライドショー」ボタンをクリックして、スライドショーモードでアニメーションの最終確認を行います。
スライドショーの大きな画面でアニメーションの最終確認をしよう

スライドショーの大きな画面でアニメーションの最終確認をしよう

スライドショーモードに切り替わったら画面をクリックするとアニメーションが開始され、まずは「冬」の文字が赤色で表示されます。2文字目の「を」が赤色で表示されるタイミングで「冬」の文字が「緑」に変化し、最終的にはもともと付いていた黄色の文字に戻るアニメーションが次々と再生できます。
1文字ずつ3色に変化しながら順番に文字が表示される

1文字ずつ3色に変化しながら順番に文字が表示される

最後は、すべての文字にもともと付いていた色が表示される

最後は、すべての文字にもともと付いていた色が表示される

「タイピングカラー」のアニメーションは、まるでタイプを打つように1文字ずつ順番に文字を表示するものですが、「最初の色」「次の色」「元の文字に付いていた色」の3色に1文字ずつ順番に切り替わるため、華やかで聞き手を楽しませる効果を期待できます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。