文字が順番に表示されるアニメーションを付ける

次に、アーチ型に表示した文字にアニメーションを設定します。再度、タイトル用のプレースホルダーの外枠をクリックしてプレースホルダー全体を選択し、「アニメーション」タブの「アニメーションの設定」ボタンをクリックします。
 

PowerPoint2003では、「スライドショー」メニューの「アニメーションの設定」を選ぶ

PowerPoint2003では、「スライドショー」メニューの「アニメーションの設定」を選ぶ

すると、右側に「アニメーションの設定」作業ウィンドウが表示され、あらかじめクリックしておいたタイトルの文字に対してアニメーションを設定できる状態になっています。
 

「アニメーションの設定」作業ウィンドウの操作は、PowerPoint2003も同じだ

「アニメーションの設定」作業ウィンドウの操作は、PowerPoint2003も同じだ

作業ウィンドウ上部の「効果の追加」ボタンをクリックし、「開始」-「タイピングカラー」をクリックします。「タイピングカラー」が表示されていないときは、「その他の効果」をクリックして表示される「開始効果の追加」ダイアログボックスで、「控えめ」グループにある「タイピングカラー」を選びます。
文字がスライドに表示するときの動きは「開始」のアニメーションで設定する

文字がスライドに表示するときの動きは「開始」のアニメーションで設定する

作業ウィンドウに、1つめのアニメーションが追加されました。同時に、スライドのタイトルプレースホルダーにも「1」の数字が表示されています。この数字は連動しており、両方を見比べることで、スライドのどの部分にどんなアニメーションを設定したかがひとめでわかる仕組みになっています。
複数のアニメーションを設定したときは、数字の順番で実行される

複数のアニメーションを設定したときは、数字の順番で実行される

目的とは違うアニメーションを付けてしまった場合は、作業ウィンドウの1つめのアニメーションを選択して、上部の「変更」ボタンをクリックしてアニメーションの種類を変更したり、「削除」ボタンをクリックしてアニメーションをそのものを削除することもできます。

設定した「タイピングカラー」のアニメーションを確認してみましょう。作業ウィンドウ下部の「再生」ボタンをクリックすると、文字が1文字ずつ色を変えながら順番に表示されることが確認できます。
アニメーションの再生中は、「再生」ボタンが「停止」ボタンに変わる

アニメーションの再生中は、「再生」ボタンが「停止」ボタンに変わる

アニメーションの動きが速すぎるときは、作業ウィンドウの「速さ」の▼ボタンをクリックして、一覧から適当な速さに変更するとよいでしょう。アニメーションが動く速さはパソコンの性能によって多少異なるので、最終的には実際にプレゼンテーションを行うパソコンで設定し直すことを忘れないでください。
アニメーションの速度は変更できる

アニメーションの速度は変更できる