ブーツハンガ-を使って

ブーツハンガーは東急ハンズや百貨店で販売されています。画像で使用している物は630円。
玄関で横倒しになったブーツを見るにつけ、ちょっぴりだる~い気分。でも置き場がないから仕方ない。そうそうに諦めている人が多いのも事実。そこでロングブーツは、突っ張り棒とブーツハンガーを使って吊り下げておくことに。こうすればブーツ本来の形で収納することができます。

このブーツハンガーはプラスチックでできたトングのような形をしていて、ブーツの長さに合わせてストッパーの位置をかえればしっかりとブーツが挟み込まれる仕組み。このハンガー自体は素っ気ないほどシンプルですが、そのホールド力は頼りがいがあります。

突っ張り棒をセットする場所は、壁と壁の間や下駄箱と壁の僅かな空きスペース。突っ張り棒ではなくても、タオル掛けを壁に取りつけてそこにブーツハンガーを吊しても良いでしょう。


下駄箱の傘立てスペースを使って

冬場はブーツで梅雨時は長靴に入れ替え。あるいは年間を通して園芸用やお子さんの長靴を収納しても。
下駄箱の仕様にもよりますが、傘をしまっておけるようなスペースのついた下駄箱なら、そこにブーツを吊り下げてしまう方法もあります。ここでも突っ張り棒を使って、ハンガーを掛けられるようにすればよいだけです。大きな洗濯ばさみを使って吊す方法もあります。

それぞれのおウチ事情に合わせて、納得のいくブーツの特等席を作ってあげてください。

その日の過ごしかた、これからの生きかたにつながる新・収納術。ガイド著書「朝、着る服に迷わないハッピー収納術」 をどうぞご覧ください。*本の詳細はこちらにあります。

▼関連リンク
脱いだままの靴一掃のためには、玄関すっきりの収納法を参考に。【All About 収納】
もっと知りたい有孔ボードの使い道。【All About 収納】
有孔ボードに更に大きな穴をあけた靴ラックは如何?【日経住宅サーチ】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。