吊り戸棚のなかで使う100円グッズ

 
幅の狭い吊り戸棚には、ディッシュラックを使って皿を仕舞います。ミート皿やサンドイッチ用のプレートなど大きいサイズの食器は、引き出しの中に重ねて仕舞うと取り出しにくいので、皿を立てて収納する工夫が必要です。また、立てておくことによって背丈ほどの高さにある棚でも取り出しやすくなります。

このディッシュラックは百均商品ですが、底に溝がついているため皿がしっかりと自立してくれます。それでも大皿は倒れる心配があるので、幅の狭い戸棚を選んで、横倒しにならないよう配慮しておきましょう。

ハンドル付きの100円収納

フタがあってハンドルの付いた百均収納ケースは、食器収納の強い味方です。
中身が透けて見える半透明のケースだから、どれに何を仕舞ってあるかが一目でわかります。そして、ハンドルを掴んでケースごと棚から調理台へ持ち出して、食器を取り出したらまた元の位置に戻すだけ。小鉢やカップ、湯呑みなどを種類別に仕舞っても良し、お茶セット、朝食セットといったシーンに応じたセット収納にしても良いでしょう。

さらに、このケースにはフタがあるので、扉のついていないオープンタイプの収納ラックでも埃の心配はいりません。しかも同じ収納ケースを買い揃えて並べることによって、100円商品ながら清潔感があって整然とした印象を醸し出してくれます。 つまり、扉もない引き出しもない棚だけの収納ラックでも食器収納ができるのです。食器棚を使わない収納法だから、大皿をキッチンクロスにくるんで、ちゃっかりとケース上に乗せるだけの簡易収納も許容の範囲内ということにしましょう。

 

シンプルな100円均一の収納用品を選べば、その主張しすぎない存在のおかげで見た目にスッキリ、実用面でもお役立ちの値千金!

キッチンに備え付けられた引き出しや吊り戸棚も上手に使って、食器棚いらずのキッチンにすれば、限りある空間にゆとりをもたらしてくれますよ。

▼関連リンク
食器と収納の話 【All About キッチン】
シンプルライフの食器は白!1 【All About シンプルライフ】
シンプルライフの食器は白!2 【All About シンプルライフ】
シンプルライフの食器は白!3 【All About シンプルライフ】
100円ショップの利用テク、節約術 【All About 一人暮らしの楽しみ方】
100円ショップの活用 【All About 節約・やりくり】




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。