Point3.機能満載!本当に必要なものを選ぶ

最近のエアコンは、いろいろと機能が満載。果たして自分にはどの機能が必要なのか迷うところでは?そこで、ベーシックな機能と最新機能に分けてチェックしてみましょう。

□冷暖房・基本性能
快適な室温維持に必要な機能はいくつかありますが、温度制御のプログラムやセンサーが搭載されているのは標準機能といえます。チェックポイントとしては...

  • 運転モード
  • 気流の工夫
  • ルーバースウィングの範囲や角度
  • 温度設定の細かさ
  • センサー性能

    などが、どの程度細かく配慮されているかをチェックしましょう。

  • □除湿機能
    最近の主流は「再熱除湿」という除湿方式。湿度を下げると室温も下がってしまうのですが、再熱器で暖めた空気をミックスすることで、温度を下げずに湿度を下げてくれる機能です。除湿方式としては、これがおすすめです。また(洗濯乾燥モード・結露防止モード)など除湿のモードも複数設定されていますので、必要or不要をチェックしましょう。

    □除菌機能
    各メーカー除菌に対しては、プラズマ除菌・除菌イオン・光触媒・ナノチタン・UV照射など、何らかの対応をしていますが「どれが優れている」とは、一概に言えないのが苦しいところです。それぞれの特徴をカタログなどで確認し、自分が一番「納得」する方式を選ぶのが一番かと思います。

    □最新機能について
    日進月歩の家電機能。そのため、毎年新しい機能が発売されます。以下に最近のトレンド機能をピックアップします。

  • 換気機能
     (排気換気・給排気換気・給排気同時換気)
  • 空気清浄機能
  • 酸素機能
  • セルフクリーン機能  など


  • ※これらにつきましては、別記事にて詳しくご紹介しますので、そちらをご覧下さい。
    【参考記事】
     2005家電カタログ【エアコン編】
     今夏のエアコントレンドはこれ!

    □使い勝手&メンテナンス
    やはり日々の使い勝手は大切。

  • リモコンの操作性
  • タイマーセットの仕方
  • 本体やフィルターのメンテナンス etc...

  • などの確認をしましょう。できれば店頭で、リモコンを操作したり、フィルターを外してみるなど、実際に試してみると良いですね。

    以上エアコンの機能も多岐に渡っていますので、自分が重視したい機能はどれなのかを整理してから、じっくり検討しましょう。


    次ページでは「施工」についてまとめました。最後までご覧下さい!