陽気な音楽があふれるメキシコ湾沿い

音楽を愛すハローチョ(ベラクルスっこ)たちは、いつも明るい

音楽を愛すハローチョ(ベラクルスっこ)たち

メキシコ湾沿いで訪れたいのはベラクルス州ですが、そのなかで観光スポットとして知られるのは、港のあるベラクルス市です。 港町ならではの活気を感じながら、エビ、貝のオードブルやオリーブとトマトで煮込まれた魚料理など、新鮮なシーフードを使った地元の味を堪能できます。

中央広場などの路上でも演奏されるベラクルスの伝統音楽ソン・ハローチョを聴いたり、ダンソンというノスタルジックなラテン音楽にあわせてペアダンスを踊る人々を眺めていたりするだけで、旅の気分も盛り上がります。とにかく、この地方の人々の陽気さと音楽好きなことに驚かされるでしょう。まるで、キューバを訪れたような気分になるかも……なのですが、それもそのはず!ベラクルスの伝統音楽はアフリカ系キューバ音楽に深く影響を受けているのです。

トラコタルパンのフェスティバル期間中、歌い、踊り、演奏する子供たち

トラコタルパンのフェスティバルで歌い、踊る子供たち

そんなベラクルスの伝統音楽を思う存分楽しみたいならば、おすすめは世界遺産に登録されながらも日本人観光客がほとんど訪れていない湖沿いの町、トラコタルパン。

パステルカラーで彩られ、ヨーロッパ風のアーチ状玄関が特徴の建物が立ち並ぶ風景は絵本のよう。普段はゆったりと時が流れる落ち着いた雰囲気の田舎町ですが、毎年2月2日のカンデラリア(この地域の守護聖母の日)の時期にあわせて行われるソン・ハローチョのフェスティバルでは、多くの観光客でにぎわいます。町の至るところで、人々が小型のギターのような楽器ハラーナを弾き、歌い、朝まで踊り明かすのです。音楽ファンにはたまらない場所でしょう。