お土産・買い物(出国審査前)

■7-11に行列店の鳳梨酥が!これは見逃せません!
all about taipei

虹を頭につけたOPENちゃんは台湾セブンイレブン独自のキャラクター

7-11と康是美(ドラッグストア)が隣接しているお店です。女子に人気のシートマスクが充実していて、他にハッカ油やタイガーバーム、カップめんなどもありますから、残った小銭を使うのにもってこい。おみやげの総仕上げとしてぜひ立ち寄りたいスポットです。

allabout taipei

お店では入店規制をするほどの人気の品が普通に売られていてびっくり

店の角におみやげコーナーがあり、そこには見逃せない逸品が!それは佳徳●餅の鳳梨酥(●はガオ)。パイナップルケーキコンテストで受賞して以来、外人観光客などで評判になり、台北の中心街からお店が離れているにもかかわらず行列のお店に。その佳徳のパイナップルケーキが全く並ばずに買えるのが松山空港のセブンイレブンなんです。

大きな箱が12個入り465台湾元(1700円)、小さな箱が6個入りで239台湾元(875円)です。これは見逃せませんね!ただし実店舗ではないので予告なく取り扱いが終わる事もあります。

■手信坊(しゅしんぼう・6番カウンター前)
all about taipei

手信坊はパイナップルケーキコンテストで有名になった店

手信坊は2011年台北市で行われた台湾十大伴手禮鳳梨酥達人賽(台湾10大お土産・パイナップルケーキ達人コンテスト)で金賞を受賞した店。箱に市長の馬英九氏のサインが印刷されているのが目印です。周りのビスケット部分のふわりと軽い感じや、餡の甘さ加減などが絶妙のバランスで、さすが金賞の味です。

■新東陽(シントンヤン・6番カウンター前)
all about taipei

台湾のお土産の定番と言えばここ

台湾で知らない人はいない有名な食品メーカー、新東陽。ここのパイナップルケーキと言えば10年くらい前までは子供のおやつみたいな味の安くて美味しいパイナップルケーキが主流でしたが、今は洒落たパッケージのパイナップルケーキも売られています。

中でもおすすめなのが、100%パイナップルの果肉を使ったパイナップルケーキ「土旺來酥」です。土、とはその土地の、という意味。旺來は台湾語でパイナップル。パイナップルの果肉を100%使った鳳梨酥(パイナップルケーキ)が最近の流行ですが、ぼそぼそしたり酸っぱすぎるのが難点。しかし新東陽の土旺來酥は、甘くてなめらか! 昔ながらのパイナップルケーキらしい風味を残した味わいにほっとします。他にカラスミなどもあります。

■C’air shop(国際線ターミナルと国内線ターミナルの間)
all about taipei

子供用機長帽も売っている

飛行機マニアのための飛行機グッズショップ、C'airshop。松山空港オリジナルグッズやエバー航空のキティジェットの模型、海外航空会社のレゴなどレアなグッズがぎっしり。HerpaやHogan、Dragonwingsなどのダイキャスト模型を扱っています。

松山空港オリジナル、飛行機の形のクリップや、飛行機のタグを模したキーホルダーはひとつ70台湾元(260円)なので、気軽なおみやげにも。特にEVA航空サンリオ塗装の模型が充実しています。

■御奉茗茶 EMPEROR LOVE TEA(国際線ターミナル2階)
御奉茗茶EMPEROR LOVE TEAはお茶と茶器を扱う店。手頃な価格のティーバッグから高級茶葉まで揃います。点数は少ないですが茶道具に逸品が多いため、中国茶好きならチェックしたいお店。真っ赤な急須と茶器セット、白い葉の形がエレガントな茶漉など、一生愛用したくなる茶器に出会えそう。