完成まで632年! ゴシックの雄 ケルン大聖堂

ケルン大聖堂の西ファサード

双塔が特徴的なケルン大聖堂の西ファサード(西正面)。ドイツ語名はドム・ザンクト・ペーター・ウント・マリアで、「聖パウロとマリア大聖堂」 ©牧哲雄

ひたすら「天」を目指したドイツ・ゴシックの金字塔、ケルン大聖堂。完成当時世界最高を誇り、現在でも世界最大級の大聖堂となっている。

また、2004年にはケルン市の高層ビル建設計画が持ち上がり、景観に影響を与えるということで危機遺産リストに掲載されて話題になった。今回はそんなドイツの世界遺産「ケルン大聖堂」を紹介しよう。

子供の頃の興奮をふたたび! 偉大なるケルン大聖堂

夜のケルン大聖堂とヴィルヘルム2世像

ケルン大聖堂とヴィルヘルム2世像。ライトアップされてゴシックの刺々しさが際立っている

ケルン中央駅を出る。
見上げる。
驚く。

でかい!
高い!
重い!
ケルン大聖堂西ファサード

こちらも西ファサード。山のように巨大だが彫り込まれた彫刻は精妙 ©牧哲雄

ケルン大聖堂の双塔の高さは157m。完成当時は人口建造物としてピラミッドを抜いて世界最高の高さを誇り、ゴシック建築としては現在でも世界最大級となる。高さ296mの横浜ランドマークタワーや256mの大阪WTCコスモタワー、248mの東京ミッドタウンタワー、247mの名古屋ミッドランドスクエアなど、高層建築を見慣れた目にはそんな驚きはないだろうって?

とんでもない。枝のように突き出した一本一本の尖塔にまで精緻な装飾を施し、金属を使用せずに石を積み上げて「天」を目指したゴシック建築の威容は、鉄やコンクリートで造られたビルやタワーよりもはるかに巨大で神秘的に映る。
周囲を睥睨するケルン大聖堂の威容

周囲を睥睨するケルン大聖堂の威容。ラテン十字形(下が長い十字架型)の平面プランがよくわかる。カトリックの大聖堂はこのように十字架の頭を東に向けていることが多い ©dronepicr

いったいなぜ、どうやって、どれほどの期間をかけてこんなものを造ったのか? 造る必要があったのか?

子供の頃、底知れぬ世界の深遠さにしばしば感じた驚き、興奮。ケルン大聖堂を見上げれば、あの頃のワクワク感が蘇る。