DSもタッチパネルだけじゃなかった

3DSの図

3Dというインパクトでユーザーをひきつけておいて、その後ろに色んな遊びを用意してあります。これはどっちかだけでも、うまくいかないんですね。(イラスト 橋本モチチ)

3DSというと、とにかく立体映像のことが話題になりがちですし、実際、購入する1番大きな動機は「このゲームを3Dで遊んでみたい」というようなものでしょう。DSがタッチパネルを前面に出していったのと同じです。

しかし、よく良く考えてみれば、DSだって別にタッチパネルだけのゲーム機ではありませんでした。nintendogsには、マイクを使って犬をしつける遊びがありました。ドラゴンクエスト9ではすれちがい通信が大変に盛り上がりましたね。マルチプレイがワイヤレスでできたり、Wi-Fiでオンライン対戦ができるというのも、ゲームボーイアドバンスの世代には無かったことです。

DSはTouch!という分かりやすいキャッチコピーでハードをひっぱりつつ、色んな機能を使った多様なソフトが出るようになり、ハードとして成熟していきました。おそらく3DSも3Dを前面に出すことでその価値を分かりやすくアピールするところから始まるでしょう。また、3DSの画面には、遊んでみたいと思わせるだけの力があります。

しかし、実際ゲームを買ってみると、3Dだけではなく、ARを使った遊びがあったり、ジャイロや加速度センサーによる不思議な操作があったり、すれちがい通信が嬉しくていつも持ち歩いてしまったり、あの手この手を仕込んで楽しませてくれるんではないでしょうか。また、そうやって新しい遊びを提案していくことこそが、3DSというハードが成功していくカギになるように思います。

【関連記事】
実際E3で触ってみて、3DSは売れると思った理由。(田下広夢の記事にはできない。)
携帯ゲーム機にジャイロがつくとどうなるか(AllAboutゲーム業界ニュース)
3DSで大事なのは通信機能かもしれない(AllAboutゲーム業界ニュース)
3DS やっぱり任天堂はおもちゃ屋だった(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。