ゲームを変えるのは3D以外の機能

3DSの図

3DSの目玉と言えば立体映像。しかし、それだけのゲーム機ではないんです。

現在もっとも普及している携帯ゲーム機ニンテンドーDS、その後継機ニンテンドー3DS(以下3DS)が発表されて以来、メーカーや、ゲーム販売店などのゲーム業界関係者の方からよく「3Dというのは確かにインパクトがあるけれど、それをどうゲームに活かして新しい遊びに繋げられるかがポイントですよね」というような話を聞くことがあります。

ガイドは、新しいゲームが生まれる、というような視点からいうと、3Dにはそれほど期待をしていません。3DSの立体映像そのものは大変に魅力的で、一度触ればこれでゲームを遊んでみたいと思わせるだけの力があるものだと思っています。ガイドも早く3DSの画面で遊びたいとウズウズしてるぐらいです。しかしそれは、映像的な表現に変化がもたらされるという話であって、立体になることでゲーム内の距離感がつかみやすくなるというようなことはあったとしても、ゲームそのものが大きく変わるかというと、なかなか難しいかもしれません。事実、今まで発表されたゲームのデモも、3Dをオフにしていても問題なく遊べるようなものです。気軽に3D機能をオンオフできるように作るということは、3Dでなくても遊べるゲームを作るということでもあります。

じゃあ、3DSになっても、画面が変わるだけで結局ゲームそのものは変わらないのか、というと、実はそうではありません。3DSを買うユーザーの多くは、立体映像で遊ぶゲームの魅力で買うかもしれませんが、ゲームに変革を起こすのは、それ以外の機能です。3DSのおさらいも含めて、どんな機能がゲームを変えていくかについて、お話してみたいと思います。

ゲーム専用機に初めて標準装備されるカメラ

ARゲームズの図

机に置いたカードをカメラで撮影すると、なんとカードからドラゴンが!3DSを動かして撮影する角度を変えると、周りと一緒にドラゴンの角度も変わったり。

3DSにはカメラがついています、内側に1つ、外側に2つ。外側の2つは3Dカメラですね。カメラそのものはニンテンドーDSiやニンテンドーDSiLLにもついていましたから、今更珍しくはないかもしれませんが、ちょっと意味が違います。コンシューマーのゲーム専用機に、標準でカメラが搭載されるのはおそらくこれが初めてです。

販売される全てのハードに最初からついている機能である、というのはゲームハードにとっては大変重要なことなんですね。後から付け足した機能を使ってゲームを作ろうとすると、どうしてもそれを持っているユーザーが限られることで、メーカーは二の足を踏みます。結果、対応ソフトはなかなか増えません。DSiやDSiLLに搭載されたカメラも、ニンテンドーDSiショップのダウンロード専用ソフトで使われていたぐらいで、あまり対応ソフトは多くありませんでした。

しかし、カメラというのは大きなポテンシャルのある機能です。3DSでは、カメラを利用したソフトを最初からいくつか内蔵しています。カメラで撮影した顔からMiiを作ったり、MiiをQRコード化してカメラで読み取ることで新しいMiiのデータを受け取ることのできるMiiスタジオ。カメラで撮影している現実空間にリアルタイムでCGなどの情報を重ねることができるARという技術で、現実空間に敵キャラを配置したシューティングなどが遊べるARゲームズ。写真の利用やQRコード、ARの技術は、色んなゲームで応用できるでしょう。

この、標準装備されるカメラ、これが3DSによって新しいゲームが生まれる可能性の1つ目です。3DSがゲームを変えていく可能性は、これだけではありません。