玉造温泉とは

玉造温泉夏祭り

玉造温泉中央を流れる玉湯川では季節に応じて各種イベントが実施される 写真出典:島根県観光写真ギャラリー

玉造(たまつくり)温泉とは、島根県松江市南部にある温泉地。清少納言の「枕草子」に、当時の日本を代表する温泉地として、有馬温泉などと共に紹介されている、歴史と伝統を誇る名湯です。

島根県はもちろん、山陰地方を代表する温泉地の一つなので、大規模な旅館が多く点在しますが、温泉街中心部を流れる玉湯川周辺は、緑あふれる落ち着いた風情。飲泉場や足湯が整備されており、散策する楽みもあります。

玉造とは勾玉(まがたま)を作るメノウの産地であった事が由来しており、名前自体が古い歴史を物語っています。

玉造温泉の源泉、泉質

千代の湯 自家源泉

自家源泉を持つ宿もある 千代の湯にて

玉造温泉には源泉が多数あり、自家源泉を所有する宿もあります。泉質は本来、含食塩-芒硝石膏泉、つまり硫酸塩泉が主体の温泉地ですが、新しい施設では単純泉の場合もあります。

硫酸塩泉は入浴しても特別な刺激は無く、至ってマイルドな湯ですが、血行促進効果が高いとされるので、冷え性の方でも、体が芯から温まります。ずっと浸かっていると、体が温まり過ぎて辛い程なので、お湯から出たり入ったりして、楽しむのに向いた泉質です。

大人しい湯なので、硫酸塩泉の良さを説明するのは、なかなか難しいのですが、
一度、その良さに気付くと、惚れ込んでしまう泉質だと思います。

次ページで、玉造温泉の旅館を紹介します。