毎日のご飯をダイエットメニューに

毎日のご飯をダイエットメニューに

体に良い食事を作りたいと思っても、手間がかかりすぎたり、特別な道具ばかりが必要になる料理では、毎日作り続けるのは難しいですよね。ここでは、油を使わない調理法やいつものおかずをカロリーダウンする方法など、ほんの少しの知識と工夫で、いつものご飯がヘルシーになるちょっとしたコツをご紹介します。

今日から無理なく始めるダイエットレシピ、ぜひお試しください。



油を使わない調理法、ウォーターソテー(水炒め)

ダイエットレシピの第一歩としてまず減らしたいのが、油ですよね。そんな時におすすめしたいのが「ウォーターソテー」。これはその名の通り、油の代わりに水を使って炒める調理法です。食材が水分でべちゃべちゃしてしまうのではないか、というのが気になるところですが、これが意外にもほとんど気にならずにおいしく作ることができます。

炒めている途中で、水がなくなって焦げそうになりましたら、また少し水を足します。たったこれだけで、思ったよりも簡単に油をカットすることができ、油の節約にもなります。野菜炒めなどには、とってもおすすめの調理法ですよ。


お肉の代わりに野菜たっぷりのラタトゥイユを!

肉がなくてもじゅうぶんおいしい

肉がなくてもじゅうぶんおいしい

保存がしやすく、野菜がたっぷり食べられる料理といえば、ラタトゥイユ。たっぷり入った野菜から旨味が出るので、お肉の代わりとしても使えます。お肉をラタトゥイユに代えることで、ビタミンやミネラルを摂りながら、カロリーをダウンさせることができます。

中でも手軽なのは、作りおきしておいたラタトゥイユに、水と市販のカレールーを入れるだけのラタトゥイユ・カレー。肉がなくても旨味のある、おいしいカレーの出来上がりです。野菜のカットを大きめにしておいても良いですね! また、ラタトゥイユにカレー粉を混ぜただけの、ドライカレーもおすすめです。

さらに、グラタン皿にラタトゥイユを入れてチーズをのせたら、立派な肉なしミートソース風グラタンに。もちろん、マカロニやじゃがいも、なすなどを入れても合いますよ!

ラタトゥイユはどうしても夏野菜のイメージがあり、冬は作るのをやめてしまいがち。でも、そんなときには、れんこんやかぶ、大根などの冬野菜を使ってみてはいかがでしょうか? 夏野菜に負けないくらいおいしいラタトゥイユができますよ。


忙しいときは、とりあえずお浸し!

葉っぱはたいていお浸しになります

葉っぱはたいていお浸しになります

どうにもこうにも忙しい時って、ありますよね。本当はちゃんとしたご飯を作りたいのだけれど、あれこれおかずを作っている暇はない。

そんなときにおすすめしたいのが、お浸しです。お浸しは、ものの5分でできるので、忙しい方にはもってこい。かさの多い野菜もたくさん食べられ、油も使わずヘルシーなので、ダイエットにぴったりの調理法です。

お浸しにおすすめの野菜とは? 次ページでご紹介します>>