我慢して暮らすのではいい家ではない

耐久性があって長く暮らせる家だとしても、間取りが暮らしに合わず、我慢して生活しなければならないのであれば、いい家とは言えません。長い期間に渡って快適に暮らせる間取りであることも、長く暮らせる家には欠かせない条件のひとつです。

家族構成やライフスタイルは変化する

子ども室

子どもが独立していくことを前提に子ども室を計画しておいたほうがいいのかもしれません

家を建てるとき、多くの人がどのような間取りにするか、時間をかけて検討します。けれども、建築当初に最適だと思っていた間取りが、建築後使いにくなることはしばしばあります。子どもの誕生や成長、両親との同居、そして、子どもの独立などによって、何十年かの間に家族構成が変化するからです。さらに、妻の仕事復帰や、加齢などによってライフスタイルや、求める住宅の形も変わってきます。リフォームによって間取りを変更することは可能ですが、できれば費用は最小限にしたいのが本音ですね。

では、どうしたら、長きにわたって暮らしやすさを維持できるでしょうか。答えは、壁が少なく、可変性のある家にすることだと思います。

次のページでは、壁が少ないとはどんな家なのか、可変性があればどのようなメリットがあるのかについて見ていきましょう。