長く暮らせる家づくり ガイド 大塚 有美

おおつか ゆみ

住宅雑誌の元編集者が、住み手の目線から長く暮らせる家を探求します。

活動実績

執筆ガイド記事本数194
メディア掲載実績2

ガイドからの挨拶

「衣・食・住」ということばがありますが、もしかすると、その中で一番後回しに考えられているのが、「住」ではないでしょうか。家については確固たる意志をもたずに、なんとなく目に付いたものを買ったり、たまたま提案されたものに決めたりしているような気がするのです。住まいに求める基本的なことはだれもが同じだと思います。それは、いつまでも快適に住めるということ。家を建てて、20年、30年で建て替えなければならないほど老朽化しては、困りますし、建て替えなくても大丈夫だとしても、使い勝手が悪いとか、寒いけれど我慢して暮らしているようでは、快適な住まいとはいえません。家にとって必要な条件とはどんなものなのか、長持ちする家とはどんな家なのかについて、いろいろな面から考えていきたいと思います。家を建てたり、リフォームをしたり、あるいは引っ越しを考えているなど、住まいの見直しを予定されている方にとって、このサイトが、もう一度、家そのものについて考えるきっかけになってくれれば幸いです。

メディア掲載実績

雑誌ecomom
特集「長く住める家ってどんなもの?」~取材協力~
2014年12月01日
雑誌MONOQLO
特集「家庭用ソーラー」~初期費用回収は可能?今となってはエコの魅力のみ~
2014年07月19日

ガイドの新着記事

  • いい家の条件!維持費が安くメンテナンスが簡単な家とは?

    いい家の条件!維持費が安くメンテナンスが簡単な家とは?

    維持費が安い家とは? 家は建てた後、必ずメンテナンスをしなくてはなりません。とはいっても、多額の費用がかかるのでは大変です。では、維持が簡単で、メンテナンスコストが安い家とは、どんな家なのでしょうか。特徴を解説していきます。

    掲載日:2018年11月26日長期優良住宅
  • 狭い部屋を実際の面積より広く見せる7つの工夫!

    狭い部屋を実際の面積より広く見せる7つの工夫!

    同じくらいの面積の部屋でも、広く感じる部屋と、狭く感じる部屋があります。この違いは、私たちが間取り、インテリア、家具、窓や天井高などから空間全体をみて、視覚的に広さを判断することにあるようです。今回は、広く見える部屋とその理由、どう工夫すればいいか考えていきましょう。

    掲載日:2018年11月26日住宅設計・間取り