長く暮らせる家づくり ガイド 大塚 有美

おおつか ゆみ

住宅雑誌の元編集者が、住み手の目線から長く暮らせる家を探求します。

活動実績

執筆ガイド記事本数283
メディア掲載実績2

ガイドからの挨拶

「衣・食・住」ということばがありますが、もしかすると、その中で一番後回しに考えられているのが、「住」ではないでしょうか。家については確固たる意志をもたずに、なんとなく目に付いたものを買ったり、たまたま提案されたものに決めたりしているような気がするのです。住まいに求める基本的なことはだれもが同じだと思います。それは、いつまでも快適に住めるということ。家を建てて、20年、30年で建て替えなければならないほど老朽化しては、困りますし、建て替えなくても大丈夫だとしても、使い勝手が悪いとか、寒いけれど我慢して暮らしているようでは、快適な住まいとはいえません。家にとって必要な条件とはどんなものなのか、長持ちする家とはどんな家なのかについて、いろいろな面から考えていきたいと思います。家を建てたり、リフォームをしたり、あるいは引っ越しを考えているなど、住まいの見直しを予定されている方にとって、このサイトが、もう一度、家そのものについて考えるきっかけになってくれれば幸いです。

メディア掲載実績

雑誌ecomom
特集「長く住める家ってどんなもの?」~取材協力~
2014年12月01日
雑誌MONOQLO
特集「家庭用ソーラー」~初期費用回収は可能?今となってはエコの魅力のみ~
2014年07月19日

ガイドの新着記事

  • 今、どんな人が注文住宅を建てているのか? 

    今、どんな人が注文住宅を建てているのか? 

    今、どんな人が、どんな注文住宅を建てているのでしょうか。住団連が行った調査結果によると、世帯主の平均は41.2歳で、世帯の平均年収は868万円。およそ8割の人が性能の高い長期優良住宅を建てています。詳細について紹介しましょう。

    掲載日:2016年10月16日注文住宅
  • 日本の家はだんだん小さくなっている!?

    日本の家はだんだん小さくなっている!?

    日本の住宅は徐々に耐久性や耐震性などの性能が向上し、寿命も少しずつ伸びています。しかし、住宅業界の調査によると注文住宅の延床面積はだんだん小さくなっているとのこと。これには、社会の変化にともなう3つの理由が考えられます。

    掲載日:2016年05月15日注文住宅