維持費がかからずメンテナンスが簡単な家にするには?

家は建てた後、必ずメンテナンスをしなくてはなりません。それは木造とか鉄骨造といった構造とも、建築費をいかにかけたかといったこととも関係ありません。車を買っても、洗車をしたり、消耗品を交換したり、車検が必要なことと同じだと考えればいいでしょう。

では、必ずメンテナンスをしなければならないとしたら、できるだけメンテナンスがしやすく、その費用が安くすむ家だといい家だということになります。どのようにすれば維持費が安く、簡単な家になるのか、説明していきましょう。

【目次】
家の維持費を抑える工夫
1.メンテナンスの回数が少なくなる工夫を
2.素材もデザインもロングセラーを採用する
3.補修や交換が可能なものを使用する
4.だれもが扱える素材や部材を採用する


 

家の維持費を抑える工夫1.メンテナンスの回数が少なくなる工夫を

維持費が安くメンテナンスが簡単な家の条件

常に太陽光や風雨にさらされる外壁はメンテナンスが必要な部分です


まず、簡単メンテナンスのためには、できるだけメンテナンスの回数が少なくてすむ素材や施工方法を選ぶようにしましょう。住宅の外壁を例にとって説明します。外壁は、サイディングであっても、モルタルであっても、いずれは再塗装をしなければなりません。

外壁材として人気の高いサイディングの場合は、種類によって7~15年での再塗装の必要があります。モルタルの場合も、塗料によりますが、7~15年くらい(フッ素樹脂塗料なら15年以上)で再塗装が必要だといわれています。

また、一般的なサイディングを施工する場合は、サイディングとサイディングのつなぎ目をコーキングという充填剤で施工しますが、このコーキングの耐用年数は種類によっても違うものの5~15年です。また、形状と施工方法の工夫により、コーキング剤不要のサイディングもあります。タイルなど無機質の外装材の中には再塗装しなくてもよいものがありますが、コーキングを使用していれば、コーキングの補修は必要です。

外壁のメンテナンスには、足場をかける必要があり、この足場の費用が意外にかかります。よって、再塗装とコーキングの補修はできるだけ一度にすませたほうがメンテナンス費用を安く抑えることにつながります。

このように、住宅の部材を選ぶときは、耐用年数を確認したうえで、将来のメンテナンスも視野に入れて選ぶことが大切です。

 

家の維持費を抑える工夫2.素材もデザインもロングングセラーを採用する

長く暮らせる家の条件として、耐久性が高いことはもちろんですが、忘れてならないのは、住み続けたいと思える家だということ。いつまでも住み続けたいという気持ちがあれば、メンテナンスをしながら住み続けていけるはずです。

そのためには、建築後数年で古くささを感じるような流行のものではなく、ロングセラーデザインを取り入れたり、長く愛されている製品を採用したほうがいいのです。

以前、アメリカの住宅に用いられている玄関ドアの話を聞いたことがあります。20年以上前に建てられた家の玄関ドアと今新築されてる玄関ドアは、デザインもサイズも変わっていないのだとか。長く流通している製品を選べば飽きもこないでしょうし、サイズが変わっていなければ、将来交換する必要があったときにも最小限の費用ですみそうです。

外観デザインについても同じことがいえます。長く変わらないデザインを採用していれば、街並みから浮くこともなく、築年数を意識せずにいられるでしょう。

次は補修に関連するポイントについて説明していきましょう。

 

家の維持費を抑える工夫3.補修や交換が可能なものを使用する

維持費が安くメンテナンスが簡単な家の条件

サッシの戸車は消耗部品。すり減ったら交換が必要です


築年数を経ると、家のいろいろなところで補修したり、交換したりしなければならない箇所がでてきます。建物の構造躯体に比べて、設備機器や部材は消耗が早く、寿命が短いのでしかたのないことです。

補修や交換することが前提であれば、補修・交換の回数が少なく、簡単に補修や交換できるものを選ぶことが大切です。例えば、建物の構造そのものがしっかりしていれば、窓やドアの立て付けは戸車を交換したり、蝶番の部分調整をすることで、問題なく長期間使用することができるでしょう。また、給水・給湯管も、さや管ヘッダー工法を採用しておけば、壁や天井を壊すことなく、さや管の中に配されている給水・給湯管を交換することができます。

【関連記事】
お宅の配管、交換できますか?


独特の形状をしたものや、特殊な部材だと、補修や交換が必要になったときに「その製品の補修は難しいので、全体を交換して」とか、「製品が廃盤になっていた」という話をよく聞きます。そうなると、費用が高額になったり、工事期間が長くなったりと、負担が大きくなります。古くなっても補修したり、容易に交換できる汎用性の高いものを選ぶようにしたほうが、築年数を経たときにメンテナンス費用を抑えることができるのです。

 

家の維持費を抑える工夫4.だれもが扱える素材や部材を採用する

住宅メーカーの中には、特別な素材や部材を使用していることがあります。その場合、アフターメンテナンスは施工を請け負った会社でないと、メンテナンスができないこともあります。

しかし、だれもが知っていて広く出回っている素材や部材については、適切なメンテナンス方法も普及しています。そして、多くの会社が手がけられる方法なら、補修部材や交換部品もたくさん販売されているので、多くの情報の中から一番安いものを選ぶことができます。

また、工事が必要な場合でも、相見積もりをとるなどして、提示された費用が妥当な金額なのかどうか、判断することで、工事費用を最小限にすることができるでしょう。

家を選ぶときには、検討している住宅商品や建材について、営業担当者にいろいろ質問してみましょう。そして、施工会社が築年数を経たときのメンテナンスをどのように考えているか、アフターメンテナンスをどのように行うのか調べた上で、施工会社を決めたいものです。できれば、築年数を経た施工例を見学させてもらって、自分の目で確認するのと同時に、オーナーにアフターメンテナンスの状況を聞いてみるとよいでしょう。

【関連記事】
小さい家に住む大きなメリットとは?長く暮らすなら断然おすすめ!
昔の家から長く暮らせる家の間取りを学ぶ
日本の家の寿命は約30年と短め…長持ちする条件は?

注文住宅をカタログで徹底比較!

LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログを探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。