ホテルで必要なチップ

入り口をくぐった瞬間から、チップのマナーを思い出して!

入り口をくぐった瞬間から、チップのマナーを思い出して!

ホテル滞在時には、クレジットカードで決済をして宿泊していても、細かい現金が必要となってくるのをお忘れなく! まずベルボーイが荷物を部屋まで運んできてくれたら、心づけのチップを。個数や重さによって一概にはいえませんが、2~5ドルくらい。忘れていると、彼らが運び終わっても部屋を出て行かずに手持ち無沙汰なオーラを発してきます(笑)。

そして、何かを持ってきてもらったり、ルームサービスを頼んだら、そこでもベルボーイと同じようにチップを渡します。ホテルではサービス料込みの値段を請求されますが、このチップはサービス料とは異なり、サービスをしてくれたその人への心づけとして考えましょう。

そして忘れてはいけないのが、ベッドメーキング係へのチップ。彼らが来る前にそのつど枕元に置いておきます。1つのベッドにつき1、2ドルほどを目安に。何かを汚してしまったり、壊してしまったときは心持ち多めに置くのがマナー。

さらにさらに、ホテル玄関でドアマンにタクシーを呼んでもらった場合は、1、2ドルを渡します。彼らがいるのに無視して自分でタクシーを止めるのは、あまりスマートと言えないのでご注意を。

結構色々な局面で現金が必要でびっくりしますよね? でも、日本円で考えると100円単位の話なので、不必要にナーバスになって財布のひもを締めることはありません。サービスへの感謝という意味ですので、快く渡して互いにいい心象を与え合うのがスマートなのではないでしょうか。

ホテルの宿泊料についてチェックした後は、早速どのクラスのホテルに泊まるかをチェック>>>ニューヨークのホテル

観光に必要な交通費をチェックするなら>>>ニューヨークでの交通費
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。