ニューヨークで「恋人たちの予感」の舞台へ

カッツ・デリカテッセン

この場所なくしては、この映画を語れない? photo: Katz's Delicatessen

愛と友情の間ですれ違う男女が、11年の歳月を経て到達した関係とは? 恋愛の切なさと温もりを丁寧に綴ったロマンス映画の王道作品として、女性からは根強い人気を誇る「恋人たちの予感」。キュートな魅力に溢れたメグ・ライアンと、どこか情けないビリー・クリスタルが演じる2人の軌跡は、ニューヨークの街並みをバックにチャーミングな絵物語に仕上がっています。ニューヨークを暮らすように歩くなら、この映画を参考にしてみては?

ニューヨーク到着の場、ワシントン・スクエア・パーク

ダウンタウンの憩いの場

ダウンタウンの憩いの場

シカゴからの車中を喧々諤々とやりあったサリーとハリーが、ニューヨークに到着して別れたのは、この広場。凱旋門のアーチと噴水が美しく、普段はNYUの学生や界隈に住まう人が憩う和みの場所ですが、ドラマ「Sex and the City」ほか、あらゆるドラマや映画の撮影にも使われています。

<DATA>
Washington Square Park
住所: 5th Avenue-Waverly Place & West 4th-McDougal Street
アクセス: West 4th Street駅から徒歩3分

 

映画のなかで最も有名なシーン カッツ・デリカテッセン

店内には撮影時の写真もあり!

店内には撮影時の写真もあり!

サリーが色っぽいあえぎ声を披露してハリーや周りの人々の度肝抜く、というコミカルなシーンは、この映画の中でも忘れがたい一幕。このロケ地が、ロウアーイーストサイドにある1888年創業の老舗ジューイッシュ・デリ。全く色っぽくない場所ですが、分厚いビーフパストラミサンドイッチはニューヨークの名物として超有名。食べながら、思わずあのシーンがよみがえってくるかも?

<DATA>
Katz's Delicatessen
住所: 205 East Houston Street
TEL: 212-254-2246
アクセス: Second Avenue駅から徒歩4分
営業時間: 8:00~21:45(月火)、8:00~22:45(金土~翌2:45)

 

ニューヨークといえば美術館デート! メトロポリタン美術館

デート場所としては定番!

デート場所としては定番!

出会いから数年、劇的な再開を経て友情を復活させたハリーとサリーが出かけた先は、ニューヨーカーの定番デートスポット、メトロポリタン美術館。ここのハイライトであるエジプトのデンデュール神殿で、またも2人は言い争ってしまうのですが……。ここも、「ダイヤルM」、「マンハッタン」など数々の映画に登場してきた有名なスポットです。

<DATA>
The Metropolitan Museum of Art
住所: 1000 Fifth Avenue
TEL: 212-535-7710
アクセス: 86th Street駅から徒歩6分
営業時間: 9:30~17:30(金土~21:00) 月・祝日休

 

ダブルデートになるはずだった……カフェ・ルクセンブルグ

赤いファサードが目印

赤いファサードが目印

アッパーウェストサイドにある有名カフェ・レストラン。映画では、2人がお互いの親友を連れてきて出会いの場になるはずが、その親友同士が意気投合してしまいカップリングからあぶれてしまうシーンで使われています。店内はヨーロピアンの洗練された雰囲気で、長年通うセレブ客も多いそう。

<DATA>
Cafe Luxembourg
住所: 200 West 70th Street
TEL: 212-873-7411
アクセス: 72nd Street駅から徒歩2分
営業時間: 8:00~23:00(水木金~24:00)、9:00~24:00(土)、9:00~23:00(日)

 

親友カップルの新居、32 West 89th Street

階段が連なるブラウンストーン

階段が連なるブラウンストーン

離婚したばかりのハリーが親友カップルの家を訪れて、周りの人々が“恋は盲目状態”であることに怒りを爆発させるシーン。エントランスのスロープが入り組んだ美しいあのアパートは、アッパーウェストサイドに実在する建物。ブラウンストーンと呼ばれるこうした建物が立ち並ぶストリートは、昔から変わらないニューヨークの風景です。

<DATA>
■32 West 89th Street (Central Park West & Columbus Avenue)
※住所同じ
アクセス: 86th Street駅から徒歩5分
※私有地なので立ち入りは禁止
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。