ニューヨークでの交通費

地下鉄はどこまで行っても同一料金というのはオドロキ!

地下鉄はどこまで行っても同一料金というのはオドロキ!

まず断言すると、ニューヨーク観光と東京観光、交通費が安いのはニューヨークです! 物価の高いニューヨークですが、乗り物だけは安心して利用することができますよ。

■地下鉄、バス
1回乗車で2.25ドル。これは1駅分乗っても、終点まで行こうとも同じです。1回ごとにチケットを買い求めることもできますが、プリペイド式カード(バス、地下鉄共通)もあり、4.50ドルから80ドルまで入金することができます。また、観光に便利でお得なのが乗り放題のUnlimitedカードで、1日(8.25ドル)、7日(27ドル)、14日(51.50ドル)、30日(89ドル)となっています。公共の交通機関を利用して観光スポットを回るというときは、大助かりです。ちなみに、バスはコイン以外の現金を受け取らないので、メトロカードをもっていない場合は小銭で2.25ドル分の用意が必要です。

■タクシー
街中を走っている黄色い車体のタクシーは、初乗りが2.50ドル。およそ320メートルにつき40セントアップのメーター制に加えて、16~20時までは1ドルのピーク料金(平日のみ)、20~翌朝6時までは50セントが加算されます。ミッドタウンからマンハッタンの南端まで行って、20ドル弱。ソーホーからタイムズスクエアまでの距離なら12、3ドルくらい。日本とは違いタクシー利用が痛手にはならない値段が嬉しいですよね。ただし、運転手への15~20%のチップは必要です。

■エアポートバス
ニューアーク国際空港とマンハッタンのミッドタウン間を走るエアポートバスは片道15ドル。往復で購入すると25ドル。JFK国際空港とミッドタウン間は片道15ドル、往復27ドル。ラガーディア空港とミッドタウン間は片道12ドル、往復21ドルとなっています。

■ウォータータクシー
マンハッタン半島を囲むようにイーストリバー、ハドソンリバーを泳ぐ便利なボートサービス。ホップオン・ホップオフ(1日券で乗り降り自由なタイプ)は
ミッドタウンから南下して、ちょうどUの字のようにマンハッタンを回るコースで、週末のみの運行で20ドル。定期便は、イーストリバー路線、ニュージャージ路線、南ブルックリン路線、IKEA路線の4つの異なるルートがあり、1回3~5.50ドル。ゆったり風景を眺めながら移動ということで、お得で実用的というわけではないでしょう。

ニューヨークの市内交通について詳しく知るには>>>ニューヨークの市内交通

次は、大事な夜遊びにかかる予算をチェック>>>ニューヨークの夜遊び予算
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。