プロセスされていない、”ピュア”な食べ物


vegetable
色鮮やかなホールフーズの野菜 Copyright:Whole Foods

アメリカのスーパーマーケットといえば、高い天井、広い店内に所狭しと置かれた、缶詰、パスタ、ソース、調味料、冷凍食品、パン、野菜、肉類等を想像しますが、ここで紹介する「ホールフーズ」の魅力は何といっても、「できるだけ加工されていない”ピュア”な食べ物」を提供していることです。

最近肥満率が25%、そして成人の65%が太り気味か肥満とも言われているアメリカでは、食生活の見直しがメディアで取り立たされています。その原因のひとつは加工された食べ物、プロセスフーズにあるといわれています。

プロセスフーズ(チーズ、菓子類、冷凍食品、ソース、ジュース、缶詰)は、保存・見栄え・味のためにいろいろな化学成分、調味料などが含まれているので、必要以上に食欲が湧いたり、コレステロールを高めたりと身体に悪い成分があるといわれています。

そういった人工の成分をできるだけ取り除こうと考えたのが、この「ホールフーズ」マーケットのコンセプト。イベントやEメールなどを通して消費者教育にも熱心です。

食べ物のことを”ケア”する人たちが集まる場所


ホットバー
自然食料品で調理されたホールフーズの料理 Copyright:Whole Foods
ホールフーズ・マーケットの店内に入るとまず気付くのが、店員の人が、ショッピングカートを整理し、買い物客の便を考えて行動していることです。 果物・野菜類の陳列も整然としていて、店員も買い物客もどちらも果物や野菜を丁寧に扱っていることがわかります。

きれいだから、さぞ料金も高級スーパー並みに高いのかなと思ったら、物によっては、普通のスーパーより安いものもたくさんありました。果物、野菜はオーガニック(有機栽培)がほとんどです。

普通のスーパーより店員も多く、質問をすると気さくに答えてくれます。ホールフーズは「フォーチュン社によるアメリカで一番働きたい会社100」に毎年ランキングされています。働く人にとっても理想的な職場なのです。

ホールフーズのモットーは"Whole Foods, Whole People, Whole Planet(自然食品、健康な人々、健全な地球)”。この言葉にも、食べ物から始まって、人々や環境のことも考える会社ということがわかります。