ハサミはどんなタイプがオススメ?

ハサミ
左から剪定鋏・クラフト鋏・芽切り鋏
剪定鋏(せんていばさみ)・植木鋏・花鋏……。庭仕事で使うハサミには様々な種類があります。写真は、ガーデナーであるガイドが、普段の仕事で使っている3種類のハサミ。左から剪定鋏・クラフト鋏・芽切り鋏です。剪定鋏は、樹木の枝などを切るときに使い、芽切り鋏は花がらを摘んだり、草花を切ったりするときに使っています。

ところで、家庭菜園ではどんなときに鋏を使うと思いますか? 作物の茎や花がらはもちろんのこと、つるものを誘引する際のひもやワイヤー、また、肥料や用土のビニール袋など、様々な材質のものを切ることが想定されます。ですから、家庭菜園の初心者の方が1本だけ選ぶとすれば、これらのすべてを切ることができるクラフト鋏がオススメです。

ベランダで使う道具は?

移植ごて
移植ごてを購入する際も、実際に手にとって、使いやすいものを選びましょう
ベランダで、プランターを使い菜園を楽しむ場合には、最初にあげた大きなスコップは必要ありません。その代わり必要になってくるのが、土入れや移植ごてです。用土の袋からプランターに土を入れる際には、土入れが、また、苗を植え付けたり植物を掘り起こしたりする際に移植ごてが必要です。この2点とハサミさえあれば、すぐにベランダ菜園をはじめることができます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。