マンションより一戸建て中心、
予算は3000万円台半ばから

畑と一戸建て
駅周辺や幹線道路沿い以外は一戸建てが大半。15分ほども歩くと畑も増えてくる
さて、住宅購入で考えると国分寺はマンションよりも一戸建てが中心。マンションは新築、中古マンションともに供給数が少なく、小規模な物件が多いのが特徴。また、最近では70m2前後までのマンションが大半なので、ファミリーで広い住まいを考えるなら、多少駅からは遠くなっても一戸建てを狙うのが賢明なところでしょう。

工事中の住宅
駅からの距離、広さで予算は大幅に異なってくる
予算は新築で3000万円台半ばから。ただし、4000万円以下の物件では土地面積は80m2前後までとなり、建物は3階建てが大半。階段に余分な面積と上り下りの手間を取られないためには物件価格で4500万円~、土地面積100m2以上、2階建てを狙いたいところ。もちろん、予算があるなら駅近くの一戸建てなど選択肢は豊富です。

ひとつ、注意したいのは駅から離れた一戸建ての場合、自治体が異なってくる可能性があるという点。方向によっては小金井市、府中市、小平市になるので、自治体情報はそれぞれ調べてみる必要があります。

駅から野川へ下る坂
駅南口は少し離れると野川を中心に高低差が大きい地域だ
また、国分寺崖線のところでも触れたように、このエリアは土地に高低差が大きな場所です。川沿いで元水田だったような土地もあり得ますから、自分が買おうとする土地が周囲からくぼ地になっていないかなど、水害の危険についてのチェックは忘れないことです。

賃貸は学生向きのアパート中心、
ファミリーなら西国分寺のUR賃貸という手も

駅周辺の不動産会社の看板
駅周辺では学生向きの物件の看板、チラシなどを良く見かける
賃貸は供給される大半が単身者向きのワンルーム、1K、1DKなど。学生が多い街だけに狭い、古い、遠いなどの物件であれば4万円以下も少なくありません。平均的にはワンルームで5~6万円というところ。足回りが良い分、お隣の武蔵小金井、周辺の国立よりやや高めになっています。

西国分寺駅周辺のUR賃貸
西国分寺駅前のUR賃貸。シングル向きからファミリータイプまで様々な間取りが揃う
これが2DK、3DKになると武蔵小金井、国立よりやや手頃で、2DKで9万円~、3DKで12万円~が相場です。カップル、ファミリーで広さを求めるなら、国分寺の隣、中央線と武蔵野線が交差する西国分寺駅近くのUR賃貸という手も。駅2分のタワーを始め、物件は豊富です。ただし、駅ビルやスーパーはあるものの、国分寺に比べると駅前はやや寂しい感じです。

最後はいよいよ始まった北口再開発の最新事情です。