代行サービスを上手に使おう

個人情報をオープンにしたくないのであれば、「情報」をレンタルしてしまいましょう。住所や電話番号を代行してくれるサービスは実はたくさんあります。

方法1:ISDNなど2回線可能な契約にし仕事専用の電話回線を持つ
SOHO携帯電話
携帯電話&電話はSOHOの必須アイテム。上手に利用しましょう

プライベート用と仕事用と分ける他に、電話とFAXに分けて使用している方も多くいます。電話料金のほか、基本料金、初期工事費などもかかってしまうため、長く使用したい方におすすめです。

方法2:IP電話を利用する(050番号)
050ナンバーなど、全く別の番号を持つことができます。NTTコミュニケーションズの「050あんしんナンバー」であれば、月額210円から使用可能。ただし、携帯電話や固定電話・PHS等につなぐ場合、分単位で別途料金が発生します。

方法3:電話代行サービスを利用する
秘書代行サービスなどを利用すれば、電話だけでなく、住所やメールアドレスも借りることができます。サービス内容も料金も、それぞれの代行サービス会社によって異なりますから、インターネット事前に検索し調べておくことが大切です。