屋号をつけよう。ガイドからのアドバイス

SOHO個人情報を守る
屋号をつけるのは楽しいもの。自分にあった名前をつけましょう
前ページで、代行サービスをご紹介してきましたが、実は特別なサービスを利用しなくても、個人情報をガードする方法はあります。

それは自分の「屋号」をつけること。屋号をつけることによって、個人名ではなく屋号で呼ばれるようになります。もちろん完全に自宅住所や電話番号を隠すことにはなりませんが、屋号を書くことにより、本名をあかさずにカバーすることができることも多いように感じました。

私も会社を設立する前は、「シホネット」という屋号をつけていました。この屋号のおかげで、オリジナルドメインをとったり、保育園に就労証明書を出す時など、とてもスムーズだったことを覚えています。

クライアントにも、ビジネスとして会話がしやすいといわれたことがあります。ダメだしがきてしまう時も個人名でなく、屋号で話すことで客観的に話しができると好評でした。

屋号のほかにも、携帯電話やフリーアドレスを自分の連絡窓口にするという方法もありますが、発注者側からみて信用ができないイメージがあるので、あまりおすすめはできません。

個人とはいえども、SOHOワーカーは個人事業主。社会的責任を守りつつ、個人情報を保護していきたいですね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。