対処方法.2 近所で強力なタッグを組む

春休みおでかけ
一緒におでかけする日もキープしたい
ライターとして仕事をするYさんは、ご近所の「働くママ」同士で協力体制を作っています。
「近所の3人で、都合の悪い日と良い日を話し合ってお互いの子どもたちを行き来させてます。互いの気持ちもわかるので、スムーズに行ってますよ。」

との声を聞かせていただきました。なるほど。地域として温かい目で子どもたちを見守ることにもつながっていくとても素敵な関係ですね。こんな良い仲間に恵まれるといいのですが。

対処方法.3 やっぱりおじいちゃん&おばあちゃん

通常の平日はお願いしていなくても、長期のお休みとなる春休み、夏休みはまとめて両親、親戚に甘える方も多いのではと思います。

「春休みが始まったら、すぐに田舎に連れていきます。預かってもらうことが目的なのですが、両親も子どもたちも楽しみにしています。あと、通常は仕事、子育て、家事をバタバタしていて夫との時間をゆっくり過ごすことが少ないので、夫も私もリフレッシュする良い機会になりますね。」

そう教えてくれたのは、DTPを行っているCさん。なるほど、そういう考え方もあるのですね。

自宅で仕事をするSOHOですが…

「在宅ワーク」という言葉を見ると、「自宅」から動かないように思われがちですが、打ち合わせなどで外出をしなければいけないことも沢山あります。春休みは、短いようで長いもの。とはいえ、子どもたちにとっては「宿題のない唯一のお休み」です。楽しい思い出が残る日を過ごさせてあげたいですね。

さあ、あなたはどう対応しますか?

【春休み 入学・入園についての関連リンク】
春休みこそ大掃除のススメ
入学・入園準備 特集一覧

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。