第3回「会社の目指すもの」 - コーポレイトディレクション代表石井氏インタビュー

コーポレイトディレクション代表石井氏
会社として目指すものとは?

今回は、コーポレイトディレクション代表取締役 代表パートナーである石井光太郎氏に、コンサルタントとしてのあり方や経営者としての考え方、そしてどういう会社を作っていきたいかというお話を伺いました。3回に分けてお届けする最終回になります。

新卒採用も佳境となっています。戦略コンサルティング会社、コーポレイトディレクションに興味がある学生にとっては、必読の内容となっております。ぜひお読みください。

第1回「コンサルタントがあるべき姿」 - コーポレイトディレクション代表石井氏インタビューはこちらです
第2回「CDI - 石井代表が学生を見極める視点」 - コーポレイトディレクション代表石井氏インタビューはこちらです

「経営は人間色をしている」

- 石井さんは、コンサルタントであると同時に、代表パートナーとしてCDIを経営する当事者としての顔もあるわけですよね。
コンサルティングする立場と経営者として自社の経営をする立場、両者の視点の違いはありますか?


人の会社をコンサルティングしているときは、柔軟にいろんなことを想像し、あらゆる可能性を前向きに考えています。自由な発想を大事にして、思考に軽快さみたいなものが生まれます。

しかし、正直な話、自分の会社になるとそうもいかない。
どうしても、眼の前に現実が横たわっているので、そこが基点の発想になることが多いのは否めません。「経営者」という立場になって、「第三者」としてのコンサルタントの存在意義を改めて認識する部分もありますね(笑)。

ただ、そもそもコンサルタントと経営者はまったく違うものと考えています。よくコンサルタントから経営のプロへという道をお考えの方がいるように思いますが、これには正直なところ違和感があります。第三者として経営を助けることは、経営そのものを行うこととは「全く違う」と表現して差し支えありません。

むしろ、経営者を目指すのなら最初から自分の取り組みたい事業の道に入っていくのがよいのではないでしょうか? 乱暴な言い方に聞こえるかもしれませんが、経営の手法を学んでどんな事業でもいいから経営者になりたい、起業したい、という方は上手くいく感じはしません。絵が好きでどうしても絵が描きたくて、いい絵を描くことを追い求め続けた人が気がいたら画家になっています。何でもいいから芸術家になりたいと思っている人が、本当の画家になるような気がしません。

同様に、事業も「この事業をやりたいから今すぐに会社を立ち上げる」というぐらいの情熱や愛着があるからこそ成り立つものです。その思いや情熱が先にあるからこその事業であって、その思いや情熱に支えられて顧客が満足するように、自分の商品やサービスをよいものに磨き続けることが事業の永続の前提になるのではないでしょうか。その思い入れや誇り、愛着が、事業の核心です。それが従業員の共感を通じて、「会社」という組織全体の原動力となります。
その意味で、事業も会社も無色透明で無機質で機械的なものではなく、それぞれ固有の発想と情熱を背負った、人間色を帯びて有機的なものなんです。経営者とは、固有の情熱を一番に体現した人、情熱の中心にいる人でなければなりません。そして経営とは、独自の情熱を実現していくやり方の知恵の集約のようなものです。情熱があってそれを実現するための知恵であって、知恵から情熱が生まれるわけではありませんよね。

「起業家」だったり「経営のプロ」みたいなことが世の中で言われるようになって、あたかも「経営者」という職業があるかのように、これから仕事を探していく人を扇動していく風潮はとても奇異に感じます。

このような視点は、第三者として経営者を知恵の面でサポートしていくコンサルタントにとっても非常に大切です。いくら頭が良くてスマートでも、経営者や従業員の情熱や思いに敬意を払えないコンサルタントが、成功することは極めて難しいと思います。「会社」という有機的な存在の本質的な理解なしに、「会社」にとって正しい道筋を描くこともできないし、クライアントは自分達が思い入れのあるものを理解できない人には、いくら頭が良くても相談する気にはなりにくいと思います。