PowerPoint 2010の新機能「動画編集」

PowerPoint 2010の新機能はたくさんありますが、その中でもひときわ目立つのは「動画編集」機能が追加されたことでしょう。

「動画」とはビデオカメラやデジタルカメラの動画撮影機能を使って撮影した映像のことで、PowerPointでは「ビデオ」と読んでいます。イベント会場の様子や製品の使い方などを示すプレゼンテーションでは、文章で説明するよりも映像で見せたほうが一目瞭然です。

ただし、これまでのPowerPointでは、スライドにビデオを挿入することはできても、ビデオの長さなどを編集することができませんでした。そのため、スライドに挿入する前に別途ビデオ編集用のソフトを使ってビデオを編集する操作が必要だったのです。

しかしPowerPoint 2010には基本的なビデオ編集機能が搭載されたため、もう別のソフトを使う必要はありません。

スライドにビデオを挿入する

スライドにビデオを挿入するには、「挿入」タブの「ビデオ」ボタンから「ファイルからビデオ」をクリックします。
ここでは、デジタルカメラで撮影した動画ファイルを利用する

ここでは、デジタルカメラで撮影したビデオファイルを利用する

「ビデオの挿入」ダイアログボックスで、保存済みのビデオファイルを指定して「挿入」ボタンをクリックすると、スライドにビデオの1コマ目の映像が静止画として表示されます。
スライドに挿入する動画ファイルはあらかじめパソコンに保存しておく

スライドに挿入するビデオファイルはあらかじめパソコンに保存しておく

撮影したビデオの1コマ目がスライドに表示された。「再生」ボタンをクリックするとその場で再生できる

撮影したビデオの1コマ目がスライドに表示された。「再生」ボタンをクリックするとその場で再生できる

以前は、ビデオを再生するにはスライドショーモードに切り替える必要がありましたが、PowerPoint2010では、ビデオの下に表示される「再生」ボタンをクリックすると、標準モードでの再生も可能です。

ビデオの長さを調整する
 

せっかくのビデオも再生する時間が長すぎると、聞き手が飽きてしまい逆効果です。ビデオの先頭と最後を削除してメインとなる部分だけを効果的に再生するといいでしょう。

ビデオを挿入すると、「ビデオツール」の「書式」タブや「再生」タブが自動的に表示され、ビデオの編集が可能になります。

まず、ビデオの余分な部分をカットして全体の長さを調整します。それには、「ビデオツール」の「再生」タブをクリックし、「ビデオのトリミング」ボタンをクリックします。
「再生」タブが表示されないときは、ビデオをクリックすると表示される

「再生」タブが表示されないときは、ビデオをクリックすると表示される

「ビデオのトリミング」ダイアログボックスが表示されたら、ビデオ下にある緑のつまみを右方向にドラッグして少しずつ再生しながらビデオの再生を開始したい位置を決めます。
左側にある緑のつまみは、ビデオの開始位置を決めるときに使う

左側にある緑のつまみは、ビデオの開始位置を決めるときに使う

同様に、赤いつまみを左方向にドラッグしてビデオの再生を終了する位置を決めれば、トリミングの完了です。「再生」ボタンをクリックして、トリミング結果を確認したら「OK」ボタンをクリックします。

右側の赤いつまみは、ビデオの終了位置を決めるときに使う

右側の赤いつまみは、ビデオの終了位置を決めるときに使う
 

ビデオの開始位置が変更されたので、1コマ目の静止画も連動して変わった

ビデオの開始位置が変更されたので、1コマ目の静止画も連動して変わった

ビデオに表紙を付ける

パソコン画面やプロジェクタに投影するプレゼンテーションであればビデオを再生できますが、配布資料として配る印刷物では動きを再現できません。そのようなときは、ビデオの中でもメインの部分を「表紙」にしておくと効果的です。

ビデオに表紙を付けるは、ビデを再生しながら表紙にしたい位置を探します。それには、「再生」ボタンをクリックして表紙にしたい位置で「一時停止」ボタンをクリックします。続けて、「ビデオツール」の「書式」タブをクリックし、「表紙画像」ボタンから「現在の画像」をクリックします。
ビデオの中で一番象徴的なシーンを表紙に使うと効果的だ

ビデオの中で一番象徴的なシーンを表紙に使うと効果的だ

「表紙画像が設定されました」のメッセージが表示されればOKです。表紙用に文字入りの画像などを別途用意してあるときは、「表紙画像」ボタンから「ファイルから画像を挿入」を選んで表紙に設定することもできます。
表紙画像が変更できた。スライドを印刷するとこの静止画像が印刷される

表紙画像が変更できた。スライドを印刷するとこの静止画像が印刷される

ビデオにスタイルを付ける

最後に、ビデオを傾けたり枠を付けたりといったスタイルを付けてみましょう。「ビデオツール」の「書式」タブにある「ビデオスタイル」にはさまざまなスタイルが登録されています。

「その他」ボタンをクリックすると、隠れているスタイルが一覧表示されます。それぞれのスタイルにマウスポインターを合わせると「リアルタイムプレビュー」機能が働いて、スライド上のビデオに一時的に反映されます。
「書式」タブが表示されないときは、ビデオをクリックすると表示される

「書式」タブが表示されないときは、ビデオをクリックすると表示される

マウスポインターを合わせるだけで、事前にいろいろなスタイルが試せる。再生したときにビデオが見づらくならないようなスタイルを選ぼう

マウスポインターを合わせるだけで、事前にいろいろなスタイルが試せる


好みのスタイルをクリックして、スタイルを設定しておきましょう。
以前のバージョンでもビデオに影を付けたりスタイルを設定することはできましたが、再生時にはスタイルがはずれて通常の四角い画面に戻っていました。PowerPoint2010では、ビデオスタイルを付けた状態で再生できるのが特徴です。
ここでは立体感のあるスタイルを選んだ。再生したときにビデオを見やすいスタイルを選ぼう

ここでは立体感のあるスタイルを選んだ。再生したときにビデオを見やすいスタイルを選ぼう
 

ビデオにスタイルが付いた

ビデオにスタイルが付いた

最終確認はスライドショーで
 

すべてのビデオ編集が終わったら、「F5」キーを押してスライドショーモードに切り替えて確認します。スライドショー画面で、ビデオにマウスポインターを合わせてクリックするとビデオの再生が始まります。「再生」ボタンをクリックして再生してもかまいません。
スライドショーでもスタイルが付いたまま再生できるのが確認できる

スライドショーでもスタイルが付いたまま再生できるのが確認できる

スライドショーでは、トリミングの長さが適切か、またビデオに付けたスタイルが再生を邪魔していないかなど、編集結果をしっかりチェックしましょう。

ビデオ機能が充実したPowerPoint2010。ビジネス用のプレゼンテーションファイルに利用するだけでなく、旅行や結婚式などの映像をスライドに挿入してデジタルアルバムを作ってみるのも面白そうです。

■関連記事
スライドに短い動画を入れて聞き手の心をつかむ
スライドに入れた動画にわかりやすい表紙を付ける
プレゼンで迫力ある映像を流す


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。