都心からの所要時間で考えると、
地価は西側エリアの半額?!

空き地と都営住宅
亀有周辺には大小さまざまな規模の都営住宅も多く点在している
最後に住宅事情を見ていきましょう。元々、この地域は地価が安く、かつてバブルの時代にはお隣駅綾瀬、北綾瀬、亀有のトライアングルエリアにビジネスマンを対象にした、投資用アパートが多く建てられたこともあったほど。千代田線で大手町を挟んで亀有とほぼ同じ所要時間にあるのは小田急線東北沢ですが、駅から500m圏の路線価を比べてみると、亀有には東北沢の半分という地域もあり、所要時間で考えると、かなりお手頃。首都圏の地価、家賃は西高東低と言われますが、まさにその通りなのです。

大規模マンション
アリオ亀有の裏手にある、数百戸規模のマンション。今後、この規模のマンション建設はさすがに難しいはずだ
新築マンションでは、ここ2~3年、大規模なマンション建設が相次いでいた亀有ですが、今は一段落というところ。土地の問題があるため、しばらくは50~60戸規模中心の供給になるでしょう。価格は広告ベースで見ても70m2で3000万円~4000万円と物件によるばらつきがあり、かつ周辺では売れ残りを現場で値引きするケースも少なくないため、価格が分かりにくくなっているのが現状。物件によってはかなり交渉できるかもしれません。

亀有公園とマンション
亀有公園周辺にはまとまった規模の中古マンションも
中古はワンルームから3LDKまで様々なタイプが出ており、ワンルームで1000万円以下、60m2前後で2000万円以下、702前後で3000万円以内といった物件も。特に環七、中川を越え、駅から徒歩10分以上になるエリアが価格面では狙い目です。

一戸建て住宅
街のあちこちで2~3戸規模で開発、分譲されたらしい、新しい一戸建て住宅を見かけた
一戸建ても同様で、同じ3500万円の予算で駅から徒歩圏の3階建て、バス便で土地面積が140m2と広い2階建てなどと選ぶことができます。

古いアパート
駅周辺では飲食店と混じって古いアパートが。ただし、こうした物件は単身者向きが中心
賃貸はワンルームマンションで6万円~、アパートなら5万円台といったところ。2DKはマンションで8万円~、アパートで6万円~で、西側エリアの東北沢に比べると、ワンルームでも2~3万円、2DKになると数万円以上の家賃差がある場合もあります。

亀有食品市場
何でも安い、亀有食品市場。ただし、お世辞にもきれい、整然としてはいない。その雰囲気が好きになれれば、亀有は住みやすい街のはずだ
イメージとしてはなんとなく知っているけれど、実像としてはあまり知られていない街、亀有。実際に行ってみると、懐かしい雰囲気の商店街に加え、スーパーに公園、病院、シネコンなどが揃い、幅広い世代に暮らしやすそう。気取った雰囲気よりも、気さくな雰囲気が好きという人にはお勧めです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。